大谷翔平の身長推移!遺伝で伸びた!両親と兄弟もスポーツ経験者!

大谷翔平さんの身長の推移と遺伝で伸びた噂について調べてみました。

また、両親と兄弟もスポーツ経験者だと話題ですので、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

身長推移!遺伝で伸びた!

大谷翔平さんの公式身長は193cmとなっています。

これまでの大谷翔平さんの身長推移を見てみると

小学6年生で167cm
中学3年生で188cm
高校3年生で190cm
現在で193cm

小学6年生の頃からすでに身長が高いですね。

というのも小学6年生の平均身長は145cmだと言われていますので、平均より22cmも高いです。

また、中学3年生の平均身長は165cmだと言われていますので、平均より23cmも高いです。

そして高校3年生の平均身長は170cmだと言われていますので、平均より20cmも高いです。

このように大谷翔平さんの身長は同学年と比較すると20cm以上高かったことが分かりますね。

さすがに中学3年生以降は成長期が終わるので、そこからは5cmしか伸びませんでした。

そう考えると大谷翔平さんの高身長は小学・中学時代に作られていたのですね。

大谷翔平さんが高身長な理由は両親の遺伝だからです。

大谷翔平さんの父親は身長180cmで、母親は身長170cmです。

ちなみに大谷翔平さんの兄は身長187cmで、姉は身長167cmです。

両親だけではなく兄姉も身長が高いことを考えると、大谷翔平さんも高身長になるのが自然ですよね。

やはり両親の遺伝によって高身長になったということで間違いないでしょう。

また、高身長になったのは食事量が半端なかったことも理由のようです。

大谷翔平さんは高校時代には1日10杯もご飯を食べていたそうです。

その際に大谷翔平さんは「毎日夜7杯、朝3杯のご飯を食べる」という食事のルールを決めていたそうです。

たくさん食事をしていたことで高身長になったと言われています。

スポンサーリンク

両親と兄弟もスポーツ経験者!

大谷翔平さんの家族構成は父、母、兄、姉、本人の5人です。

父は徹さん母は加代子さん兄は龍太さん姉は結香さんです。

家族全員の名前が判明していますね。

父親も中学2年生から野球部に入って、エースで4番打者として活躍していたそうです。

そして高校時代と社会人になってからも野球を続けていました。

社会人野球として三菱重工横浜野球部で外野手として活躍されていました。

本当はプロ野球選手になりたかったそうですが、怪我のため26歳で野球は辞めたのです。

その後、父親は地元の岩手に戻ってトヨタ自動車東日本に2016年まで勤務されました。

母親は高校卒業後は三菱重工株式会社に入社しましたが、そこで徹さんと出会って結婚しました。

母親は小学時代からバトミントンをされていました。

中学時代にはバトミントンで全国大会の団体で準優勝しました。

結婚した後は岩手に住んで内職やパートをしているそうです。

兄も社会人野球選手として活躍されています。

兄もトヨタ自動車東日本に勤務し、硬式野球部に所属しているようです。

父親が軟式野球部を発足したそうですが、兄は外野手とコーチを兼任するほどの実力なんだとか。

また、弟である大谷翔平さんとは7歳年が離れているため喧嘩はせずに可愛い存在だそうです。

姉は学生時代にバレボールをされていたそうです。

大谷翔平さんとは2歳しか違わないので、小さい頃はよく喧嘩していたそうです。

それでもお姉さんだったので、大谷翔平さんがイタズラしても怒ることはなかったそうです。

そして姉は大谷翔平さんを応援するために母親と野球観戦しに行くこともありました。

きっと弟である大谷翔平さんのことをいつも気にしていた優しいお姉さんだったのでしょうね。

このように大谷家は全員スポーツ経験者だったわけです。

現在の大谷翔平さんが超一流の野球選手として活躍しているのも、家族のスポーツ体質な遺伝が大きいのかもしれませんね。

スポンサーリンク