丸山茂樹の嫁と息子の名前が判明!現在は裕福で年金がヤバい!

2021年7月13日

丸山茂樹さんの嫁と息子の名前などについて調べてみました。

また、現在は裕福で年金が話題ですので、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

嫁と息子の名前が判明!

丸山茂樹さんの嫁は一般女性ですが、名前は瑞穂さんと言う方です。

丸山茂樹さんと嫁は年齢が同じです。

2人は1995年に結婚しましたが、ゴルフの成績が好調の年でした。

国内ツアーでは2勝目を上げたり、賞金ランキングでは3位になりました。

また、米ツアー挑戦のきっかけをつかむことができましたので、嫁の支えがあったからなのでしょうね。

丸山茂樹さんには息子が1人います。息子の名前は奨王(ショーン)さんと言います。

息子は2000年生まれですが、生まれも育ちもアメリカです。そのため英語がペラペラなんだとか。

日本に住んでいたこともありますので日本語も話せるみたいです。

息子も丸山茂樹さんの影響でゴルフを始めましたが、4歳からゴルフを始めて10歳になると本格的に取り組んできたようです

2016年にはウエスタンジュニア選手権で優勝しました。

2018年には「バイロン・ネルソン・ジュニアアワード」という賞を獲得しました。

これは学業とゴルフが優秀で人間性も認められた人に贈られる賞のようです。

同年にはカルフォルニア大学ロサンゼルス校に進学しましたが、ゴルフの名門として有名な大学のようです。

そんな息子ですが、父親と同じく「米ツアーで活躍できるような選手」になりたいようです。

ちなみに丸山茂樹さんは息子の試合は見ないと語っていますが、陰で応援しているでしょうね。

スポンサーリンク

現在は裕福で年金がヤバい!

丸山茂樹さんはロサンゼルスに豪邸を所有していたのです。

丸山茂樹さんは千葉県市川市出身ですが、最初は両親のために地元に6階建ての家を建てました。

1~3階は丸山茂樹さんが経営するレストランで、4階以降は自宅となっていました。

その後、ロサンゼルスに豪邸を建てたのですが、丸山茂樹さんは豪邸に次のようにコメントしていました。

「静かな場所にありながら、少し足をのばせばスーパーなどなんでもある便利なロケーション」

このような立地に豪邸を建てていたのですね。

しかし2015年に豪邸を18億円で売り出したと報道されました。

報道によると

「プール、テニスコート、サウナ、オーディオルーム付きで寝室が6つ、バスルームが9つ」

このような豪邸に住んでいたのですね。必要以上に無駄なものが多いです。

また、丸山茂樹さんによると、家にはスイッチが1000個あって、家族を呼ぶのにインターホンを使っていたそうです。

あまり大きすぎる家というのも住みづらいものですね。

そういうことから豪邸を売り出したみたいですね。

ちなみに現在住んでいるところは「サイズ感もちょうどよく、しっくりきています」とのこと。

それでも私たち庶民からすればずいぶんと大きな家に住んでいるのでしょうね。

また、丸山茂樹さんの年金が凄いと話題になっています。

丸山茂樹さんは2000年から2009年までの9年間アメリカのPGAツアーに参戦していました。

そしてPGAツアーでは01、02、03年は3年連続勝利しました。

実は丸山茂樹さんの年金というのは、PGAツアーから貰える年金のことだったのです。

丸山茂樹さんが60歳になった時にPGAツアーから約20億円の年金を貰えることが決まっているのです。

PGAツアーで活躍した選手に対してはこのような手厚い制度になっているわけです。

ちなみにタイガー・ウッズさんの場合は約300億円の年金が貰えることが決まっているのです。

私たち一般人の年金とは次元が違いますね。

スポンサーリンク