浅田真央の父親の職業が判明!?現在は逝去や逮捕の噂が浮上!?

浅田真央さんの父親の職業が話題になっていますので調べてみました。

また、現在は逝去や逮捕の噂が浮上していますので、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

父親の職業が判明!?

浅田真央さんの父親は浅田敏治さんですが、父親の職業が話題になっています。

そんな父親の職業は元ホストだと判明しました。

当時は名古屋の売れっ子ホストとして有名で、その後はホストクラブ「カーネギー」を経営するようになりました。

父親が自分で店を持った時は年商1億円の繁栄店にまで成長しました。

そんな父親は嫁である浅田匡子さんと出会う前からホストでしたが、舞さんと真央さんがフィギュアスケートをしてからもホストを続けていました。

その理由はフィギュアスケートは年間1000万円以上のお金が掛かるスポーツですから2人の娘を支えるためです。

特に浅田真央さんは小学6年生の時に最難度であるトリプルアクセルを踏んだことで、両親は真央さんをフィギュアスケートの金メダリストに育てようと決意したのです。

つまりオリンピック選手を育てることを意味しますが、そうなると億単位の費用が掛かってしまいます。

そう考えると父親が自分の店を持ってまでホストクラブを経営していた理由が分かりますね。

このように浅田真央さんが一流のフィギュアスケーターになれたのは父親の存在があったからなのですね。

その後、浅田真央さんが金メダルを獲得するほどの活躍を見せると、父親はホストの仕事を辞めたのです。

この頃の浅田真央さんはメディアで取り上げられることが多くなり、家族のことも話題になりました。

そこで父親はホステスの仕事はイメージが悪いと判断して40歳でホストの仕事は一切辞めたのです。

また、2005年には浅田真央さんもCMで1億円以上の収入があったそうですから、父親もこれ以上ホストの仕事を続ける必要がなくなったとも言えます。

つまり父親は将来の子供のために投資する役割は終わったということですね。

そんな父親の現在の職業は不明ですが、ラーメン屋を目指して修行していたという噂が浮上しています。

しかし情報がないので本当にラーメン屋を開業したかどうかは分かりません。

スポンサーリンク

現在は逝去や逮捕の噂が浮上!?

浅田真央さんの父親の現在が話題になり、逝去や逮捕の噂が浮上しています。

まず父親が逝去した噂はデマだと判明しました。

実は父親の父親(真央さんの祖父)が小学生の時に逝去されていたのです。

それがいつの間にか浅田真央さんの父親は逝去したと勘違いしてしまったみたいです。

ちなみに浅田真央さんの母親である浅田匡子さんは2011年に逝去されました。

母親が亡くなっていますので父親まで逝去されたとなるととても悲しいです。

でも父親の逝去がデマで本当に良かったです。

その一方で父親の逮捕の噂が浮上していますが、こちらについては事実です。

父親は過去に3度の逮捕歴があることが判明しました。

1回目と2回目は分かりませんでしたが、3回目の逮捕の時は交際していた50代の女性に暴力を振るったことが原因でした。

2011年に嫁の浅田匡子さんが逝去されましたが、その後父親は50代の女性と交際を始めました。

そして父親は次第に交際女性に暴力を振るうようになり、2015年5月22日に傷害罪で逮捕されたのです。

しかしこの事件はほとんどメディアで報道されることはなかったのです。

なぜ報道されなかったのかというと浅田真央さんの評判を下げないようにするためだったと言われているからです。

当時の浅田真央さんには熱狂的なファンが多かったようです。

したがってテレビで少しでも浅田真央さんにネガティブな評価をすると抗議の電話が殺到したと言われています。

また、当時のライバルであったキム・ヨナさんを浅田真央さんと比較して持ち上げた場合でもクレームが来たほどだったみたいです。

したがってもし父親の逮捕のニュースを報道すると、浅田真央さんの評判が下がることにもつながると恐れたのかもしれません。

真相ははっきりしませんが、そのような理由から父親の逮捕がニュースであまり話題にならなかったようです。

スポンサーリンク




PAGE TOP