松井秀喜の嫁の中山愛がホステスうさぎの噂が浮上!?高校時代の伝説がヤバい!?

松井秀喜さんの嫁の中山愛さんがホステスうさぎの噂が浮上していますので調べてみました。

また、高校時代の活躍や伝説が話題になっていますので、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

嫁の中山愛がホステスうさぎの噂が浮上!?

松井秀喜さんの嫁は中山愛さんという一般人の方です。

一般人ということですが、かつては野球観戦しているところを目撃されたことがありました。

出典:https://matome.naver.jp

こちらが嫁と噂されている方ですが、とても美人ですよね。

2人の馴れ初めは2006年に嫁が勤務している会社で出会ったことです。

松井秀喜さんの方から嫁に一目惚れし、2007年から交際を始めて2008年にご結婚されました。

さて嫁が勤務している会社の噂として「ホステス うさぎ」が浮上していますが、こちらに関してはデマの可能性が高いと判明しました。

なぜなら松井秀喜さんは野球一筋でしたので、ホステスに通っていた可能性が低いと考えられるためです。

そして海外のメディアによると、嫁は「ミズノ」という会社の秘書をされていると報じられたのです。

確かに松井秀喜さんはミズノのCMに出ていましたので、嫁がミズノに勤務しているというのは信ぴょう性がありそうです。

きっとミズノのCMのために嫁と縁があったのでしょうね。

嫁の情報はこれぐらいなのですが、嫁がマスコミに出てこないのは松井秀喜さんが嫁のプライバシーを守っているからです。

実は松井秀喜さんは結婚の際に嫁と次のような約束をしました。

どんなことがあっても君をマスコミの前に出さないから!

このように約束して嫁に結婚を申し込んでいたのですね。

さらに「いかなる場合でも、絶対に夫人を公の場に出さない」とも約束したそうですから、もしかすると野球観戦の女性は嫁ではない可能性もあるかもしれません。

そのような条件の下で結婚したわけですが、メディアによって名前と職業がバレてしまったわけですね。

そして先ほどの野球観戦の画像は運悪く一般人によって目撃されたようで、それがいつの間にか投稿されてしまったみたいです。

したがって松井秀喜さんは約束を守っていても、有名選手の嫁ということでメディアなどによって注目されたのでしょうね。

でも松井秀喜さんは誠実そうですから、これからも嫁のプライバシーを守り続けてほしいです。

スポンサーリンク

高校時代のエピソードがヤバい!?

松井秀喜さんの出身高校は星陵高校ですが、高校時代の活躍や伝説を見ていきましょう。

まず高校時代のポジションは最初は投手をされていました。

しかし松井秀喜さんは投手は全然好きではなかったようで、すぐに一塁手や三塁手に転向しました。

その選択が良かったようで、高校1年生から4番を任されるほどの頭角を見せてきました。

そういうことから他の高校から「北陸の怪童」や「星陵恐怖の1年生4番」などと恐れられるようになりました。

高校1年生ながら140mを超えるホームランも打っていたほどです。

高校2年生の時にはチームのキャプテンに選ばれましたが、本来ならば投票でキャプテンを選出するところ無投票で指名となりました。

これは松井秀喜さんのリーダーシップがチームに良い刺激を与えていたことが理由でした。

野球の実力だけではなくチームを引っ張るリーダー的な素質もあったのですね。

さらに高校2年生の時に体力測定を行った結果、背筋力250kg、バーベル上げ150kgの記録を出したそうです。

もはや怪物の一言ですよね。

高校3年生の時にも活躍しましたが、春の甲子園では長嶋茂雄さんが松井秀喜さんの活躍ぶりを観戦していたという伝説があります。

実は長嶋茂雄さんが観戦していたことがきっかけで巨人に入団したいという気持ちが強くなったと言われています。

そして高校3年生の夏の甲子園では「5打席連続四球」という世間を騒然とさせる大きなエピソードがありました。

この時の対戦相手は明徳義塾高校でしたが、当時の監督であった馬淵史郎さんは次のように語っていました。

(星稜の練習を見て)高校生の中に一人だけプロの選手が混じっていた

これは他でもない松井秀喜さんのことですが、相手チームの監督もそれだけ松井秀喜さんを恐れていたのですね。

しかし5打席連続四球は大きな波紋を呼び、応援スタンドからメガホンを投げられるほどでした。

したがって明徳義塾高校が勝利したのですが、大ブーイングが起こる騒ぎになってしまいました。

このように松井秀喜さんの高校時代の活躍を振り返ってみますと、当時からすでに怪物と言われるぐらい凄かったのですね。

また、長嶋茂雄さんが観戦し、それがきっかけで巨人に入団したかったという話も大変驚きです。

スポンサーリンク




PAGE TOP