安倍晋三の家系図が韓国人の真相!?自宅の住所は富ヶ谷ハイムだと判明!?

安倍晋三首相の家系図が韓国人だと噂されていますが、果たして真相は。

また、自宅が話題になっていますので住所などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

家系図が韓国人の真相!?

安倍晋三首相について検索すると「家系図 韓国人」というキーワードが出てきます。

まず最初に結論を言っておきますと、家系図が韓国人というのは限りなく信ぴょう性の低いデマだと思われます。

どうして家系図が韓国人だと噂されたかというと、安倍信三首相の父親である安倍晋太郎さんが関係しているんだとか。

どうやら安倍晋太郎さんは自身の家系図について朝鮮人かもしれないと発言したみたいです。

そして安倍晋太郎さんは家系図を平安時代にまで遡ったそうで、その先祖の中には朝鮮人の血が混じっているのではないかと推測したそうです。

そういう経緯があるからいつの間にか家系図は韓国人だと憶測が広がってしまったみたいです。

でもぶっちゃけ平安時代の先祖の血統なんて分かりませんよね。それにそもそも朝鮮人の血が混じっている可能性もほとんどないでしょう。

また、家系図について韓国人というキーワードが出てくるようになったのは、嫁である安倍昭恵さんとごちゃ混ぜになった可能性もあるかもしれませんね。

安倍昭恵さんについて検索すると家系図が韓国人だと噂されています。

もちろんこちらに関してもデマだとは思いますが、家系図について根拠のない噂が出てくるものですね。

ということで安倍晋三首相の家系図は日本人で間違いないでしょう。

スポンサーリンク

自宅の住所は富ヶ谷ハイムだと判明!?

安倍晋三首相の自宅が話題になっていますが、どうやら高級住宅街に住んでいるという噂が浮上しています。

そんな安倍晋三首相の自宅の住所は渋谷区富ヶ谷1丁目だと判明しました。

富ヶ谷という場所は1丁目と2丁目しかない狭いエリアですが、高級住宅街として有名なんだとか。

そんな場所に住んでいる安倍晋三首相ですが、自宅は一軒家ではなくマンションです。

どうやら「富ヶ谷ハイツ」という名前のマンションなんだとか。

実はこのマンションが建てられる前は、この場所は父親である安倍晋太郎さんの自宅だったのです。

つまりもともとは親の実家である一軒家だったものを1994年に工事が行われて「富ヶ谷ハイツ」に建て替えたわけです。

したがって現在の安倍晋三首相は物件を所有しているわけではなく、あくまでも一部を所有しているということになります。

それでもその土地の物件は安倍晋三首相の母親である安倍洋子さんが所有しているとも言われています。

ちなみに1階には兄の安倍寛信さん、2階には安倍晋三首相、3階には母親の安倍洋子さんが住んでいます。

しかし内部の階段でお互いに行き来できる構造になっているそうです。

また、内閣総理大臣は永田町にある首相官邸に住むのが一般的だと言われています。

しかし安倍晋三首相は必ず自宅の富ヶ谷ハイムから通っているようです。

なぜなら官邸までの時間が15分と短く、自宅にいても危機管理対応ができるからだそうです。

そういえば安倍晋三首相は家族と朝食をしているそうですので、やはり自宅から通う方が良いのかもしれませんね。

そんな安倍晋三首相にはこれからも家族を大事にしてほしいですね。

スポンサーリンク




PAGE TOP