浜田雅功の高校は日生学園!なぜ?高校時代の写真とエピソード!

浜田雅功さんの出身高校は日生学園ですが、なぜ入ったのか調べてみました。

また、高校時代の写真とエピソードについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

高校は日生学園!

浜田雅功さんの出身高校は日生学園第一高等学校です。

浜田雅功さんは1979年4月に高校に入学しましたが、1980年4月に日生学園第二高等学校に転校しました。

そして1982年3月に高校を卒業しました。

ちなみに日生学園第一高等学校は現在は桜丘高等学校になっていて、偏差値は44です。

また、日生学園第二高等学校は現在は青山高等学校になっていて、偏差値は39~46です。

第一は国公立大学志望、第二は私立大学志望といった違いがあったみたいです。

そんな日生学園ですが、めちゃくちゃ厳しい高校だと言われています。

どれぐらい厳しいかというと、今田耕司さんが「刑務所みたいな高校」と語っていたぐらいです。

ちなみに今田耕司さんは入学して1年後に脱走してそのまま中退しました。

その際に「見つかると怖いから、綿密に脱走計画を立てた」とのこと。

もはやこのコメントから高校生活だとは全く思えませんね。

具体的にどれぐらい厳しいかというと

・生徒は家が近くても寮に入る
・年に数回しか家に帰れない
・外から寮に帰ると毎回、身体検査
・男子は全員丸坊主
・朝は4時に起床してすぐに2kmのランニング
・放課後も10kmのランニング
・トイレは素手で掃除
・大声を出しながら床掃除
・40度の高熱を出しても市販の薬だけで済ませ、病院は禁止
・下級生の失敗は上級生の責任になる
・脱走してもすぐに見つかる

他にもまだまだありますが、どれも辛いものばかりですね。

脱走しても見つかるぐらいですから、やはり刑務所みたいな厳しい高校だったのですね。

ちなみに現在は上記のような厳しい項目は一切なくなって普通の高校と変わらなくなりました。

さすがに時代の流れとともにそこは普通になったのですね。

スポンサーリンク

なぜ入った?

浜田雅功さんが日生学園高校に入った理由は子供の頃から悪ガキだったからです。

中学時代には友達の家のドアをノコギリで切って破壊してしまったそうです。

友達と会う約束をしていたが居なかったことに対する腹いせだったようです。

また、浜田雅功さんは松本人志さんとは中学2年生の時にクラスが一緒になったそうですが、松本人志さんと不良行為をしていたとも言われています。

そこで浜田雅功さんが通っていた中学校の担任の先生が父親に次のように言いました。

「普通の高校で浜田雅功さんは対応できない」

このことから先生は父親に日生学園を勧めたわけです。

刑務所のような高校で浜田雅功さんを真人間にしようと考えていたのですね。

スポンサーリンク

高校時代の写真とエピソード!

浜田雅功さんの高校時代の写真はこちらです。

出典:yumeijinhensachi.com

噂通り丸坊主になっていますね。

そんな浜田雅功さんには高校時代のエピソードがあります。

浜田雅功さんも高校1年生の時に脱走を試みて成功したことがあります。

その時には松本人志さんに電話して「お金を持って迎えに来てくれ!」と言ったそうです。

そしてうどん屋でアツアツのうどんをひとすすりで食べてしまうほど空腹だったみたいです。

浜田雅功さんは松本人志さんに助けを求めていたこともあったのですね。

それでも浜田雅功さんは親と相談して再び学校に戻りました

あれだけ辛い高校にもかかわらず再び戻ったのはとても勇気がありますよね。

そして浜田雅功さんは高校3年生の時に“副学寮長”というポジションに就きました。

このポジションは他の生徒からは一目も二目も置かれる存在だったそうです。

現在は大御所芸能人ですが、当時からすでにリーダー的存在だったのですね。

さらに浜田雅功さんは下級生の失敗として連帯責任を問われたことがあります。

その際にコンクリートの床に10時間も正座させられたそうですので、やはり厳し過ぎるペナルティです。

ちなみに浜田雅功さんが高校3年生の時に今田耕司さんが入学していたのです。

今田耕司さんも副学寮長の浜田雅功さんは恐ろしい存在だったようです。

高校3年生の時の浜田雅功さんは周りから恐れられていたのですね。

現在の浜田雅功さんがいるのは厳しい高校生活を乗り越えたからで間違いないでしょうね。

スポンサーリンク