大原櫻子の父親は声優の林田尚親!親子エピソードや名字が違う理由!?

大原櫻子さんの父親が声優だと話題ですので調べてみました。

また、親子エピソードや名字が違う理由についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

父親は声優の林田尚親!

大原櫻子さんの父親は声優の林田尚親さんです。

父親は若い頃は劇団に所属し舞台を中心に俳優として活躍していました。

そして2016年11月の『おしゃれイズム』で大原櫻子さんが父親がナレーターであることを公表しました。

このことから現在の父親は声優・ナレーターとして活躍中であることが判明したのです。

父親がナレーションを担当する番組には

・『行列のできる法律相談所』親子共演
・『ザ!仰天ニュース』親子共演
・『ぐるぐるナインティーナイン』親子共演
・『報道ステーション』
・『news every』

どれも有名な番組ですが、これらのナレーションを務めています。

そして3つの番組では大原櫻子さんと父親は親子共演まで果たしていたのです。

特に『行列のできる法律相談所』と『ぐるぐるナインティーナイン』では大原櫻子さんの紹介VTRで父親はナレーションを務めました

父親も娘の紹介だったので熱が入っていたみたいです。

親子共演はとても凄いですね。

また、声優としての作品はこちらです。

・GREGORY HORROR SHOW(審判小僧)
・星界の紋章(通信士A)
・セラフィムコール(隊員B)
・名探偵コナン(桜庭祐司)
・星界の戦旗(ファラムンシュ・ウェフ=ルサム・ラザス)

声優としてもいろんな作品に出演されていますが、名探偵コナンの声優をしていたのは驚きです。

スポンサーリンク

親子エピソードや名字が違う理由!?

大原櫻子さんには父親とのエピソードがあります。

大原櫻子さんは父親から発声法を教えてもらったそうです。

大原櫻子さんは歌が上手ですが、それは父親からアドバイスを受けていたからなのかもしれませんね。

また、大原櫻子さんの母親も歌が上手でカラオケで100点を取ることがあるんだとか。

大原櫻子さんも母親を「凄い!」と評価していて尊敬しているようです。

大原櫻子さんの歌が上手なのは両親の影響が大きかったのですね。

また、大原櫻子さんは高校生の時に「女優になりたい」と父親に相談したことがあります。

その時に父親は「女優になるためには本を読みなさい」とアドバイスしたそうです。

そして

「セリフをよく理解してその裏にある感情までを想像するためには、普段から本を読んでないと難しいことだ」

このようなことを教えていたようです。

父親も若い頃は俳優でしたので、とても説得力のあるアドバイスですよね。

ちなみに大原櫻子さんは女優になった現在でも読書は続けているそうで、父親の教えをしっかりと守っているみたいです。

ここで1つ気になるのが大原櫻子さんと林田尚親さんですが、親子なのに苗字が違う点ですよね。

これは単純に「大原櫻子」は芸名で、本名は「林田櫻子」であることが分かりました。

両親が離婚して名字が違うとも思いましたが、大原櫻子さんが芸名で活躍しているために名字が違うだけでした。

本名の苗字が同じですので両親の離婚は単なる思い込みでした。

スポンサーリンク