窪塚洋介の転落の原因は薬やソフトクリーム!?後遺症で人工肛門に!?

窪塚洋介さんの転落事故の原因が薬やソフトクリームの真相について調べてみました。

また、後遺症で人工肛門の噂についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

転落の原因は薬やソフトクリーム!?

窪塚洋介さんの転落事故が起きたのは2004年6月6日のことです。

場所は神奈川県横須賀市の自宅マンションですが、窪塚洋介さんは9階の26メートルの高さから転落してしまいました。

落下した時の状況を画像で見てみましょう。

出典:asuka-shimizu.com

ご覧の通り、9m離れたフェンスに激突しましたが、これがクッションとなって芝生の上に落下したことで一命を取り留めました

それでも転落事故によって頭蓋骨を含めた5か所を骨折する大怪我を負ってしまいました。

そして骨が付くまでに1年の期間を要すると医者から宣告されました。

しかし窪塚洋介さんはリハビリの努力もあってか1年後には映画に出演するほどの回復力を見せます。

さてそんな転落事故の原因は薬によるものではないかと噂されています。

先ほどの転落について振り返ると9m先のフェンスに落下しています。

この転落の仕方はまるで落下する時に助走をつけたかのような感じですよね。

まともな人ならこのような落下はしないはずですから窪塚洋介さんは奇行に走ったのではないか思われたようです。

つまり薬をやっているのではないかと噂されたわけです。

実は窪塚洋介さんは次のような発言をされています。

「『大麻=麻薬』というイメージをアースデイの場で打開したい」

要するに「大麻を正しい使い方をして生活を豊かなものにしよう」という趣旨の発言だったようです。

窪塚洋介さんがこのような大胆な発言をしていたのに驚きますが、これは薬疑惑が出てもおかしくないですね。

また転落事故の原因がソフトクリームだったとも噂されています。

実は転落事故から約2年後の2006年6月に窪塚洋介さんは転落事故の真相について語りました。

「その日はとても急いでいた。とてもとても。マンションから向かいにあるコンビニのソフトクリームが食べたくて仕方なかった。ソフトクリームが売り切れてしまうんじゃないかと心配でならなかった。思わず、エレベーターに乗る手順をすっ飛ばしてしまった。その日は、自分にとって最高の日だったのか、最低の日だったのかわからない。」

さらに2018年6月に自身のエッセイ『コドナの言葉』を出版しましたが、その一部を抜粋します。

「マンションの目の前のコンビニに行こうとしたんだけど、エレベーターに乗って降りるというプロセスをすっ飛ばしちゃったんだよね。多分(笑)。落ちたんじゃなくて、思いっきし飛んでたみたいよ。」

アイスクリームを急いで買いに行くためにエレベーターを使わずに9階から思いっきし飛び降りたのでした。

なんか小説みたいな話ですが、窪塚洋介さんがこのように語っていますのでこれが真相だったのでしょうね。

スポンサーリンク

後遺症で人工肛門に!?

窪塚洋介さんは転落事故によって後遺症で人工肛門になったのではないかと噂されています。

医療関係者が掲示板に次のような書き込みをしました。

「転落した際に受けた、腹部、主に大腸への衝撃によって、人工肛門を装着しなければならなくなった」

このような書き込みがきっかけで人工肛門の噂が広がったようです。

人工肛門は「口」みたいなもので、お腹のへそより低い位置に装着するようです。

これによって大腸から直接排泄できるようになります。

しかし自然に排便されてしまうことから、袋を取り付けて定期的に排泄物を絞り出す必要があります。

人工肛門を付けるとこんなにも日常生活が変わってくるのですね。

それで窪塚洋介さんは人工肛門をしている可能性は限りなく低いと思われます。

窪塚洋介さんの上半身裸の写真を見ましたが、人工肛門は装着していませんでした。

本当にあの転落事故は命を落としてもおかしくはなかったわけですが、本当に骨折の大怪我だけで済んで良かったです。

それでもソフトクリームのために飛び降りたというのは意外な真相でしたね。

スポンサーリンク