本田望結の親は本田竜一で職業が判明!?実家が金持ちの噂が浮上!?

本田望結さんの親は本田竜一さんで職業が話題になっていますので調べてみました。

また、実家が金持ちの噂が浮上していますので、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

親は本田竜一で職業が判明!?

本田望結さんの父親は本田竜一さんで、母親は真紀さんです。

父親は1968年生まれのようですから、2019年現在では51歳ぐらいのようです。

ちなみに真希さんとの馴れ初めは大学時代だったようですので、母親も同じぐらいの年齢かもしれませんね。

そんな親の職業が話題になっていますが、父親は不動産関係の会社に勤めているようです。したがって父親は会社のサラリーマンです。

さらに記事後半でも紹介しますが、本田竜一さんは父親(望結さんの祖父)の会社の役員でもあります。

ちなみに母親は専業主婦のようです。

一部では職業が医者だと噂されているようですが、こちらに関してはデマで間違いありません。

フィギュアスケートはとてもお金が掛かるスポーツですから、親の職業も年収が高い仕事として医者が噂されたのでしょう。

ちなみにフィギュアスケートは年間でも最低300万円は掛かると言われています。

さらに好成績を残すと他の費用なども掛かるようで、年間1000万円以上を超えるみたいです。

また、父親は本業の他にも著書『長女を育て、四女に教わった本田家流子育てのヒント』を出版されています。

本田家は子だくさんですが、子育てについてとても説得力があると評判のようです。

会社に勤めながら本を出版していますので本当に凄いです。

スポンサーリンク

実家が金持ちの噂が浮上!?

本田望結さんの実家は京都市伏見区にあることが判明しました。

そんな実家が金持ちの噂が浮上していますが、こちらについては事実です。

以前にテレビ番組で実家が放送されましたが、整理された広い部屋が映りました。

出典:https://spicy-mint.com

確かに広くて綺麗な部屋ですね。

そして8畳の和室にはトランポリンが置いてあるようです。

実は京都は全国的に見ても平均年収が多い地区のようで、金持ちの世帯が多いみたいです。

さらに本田竜一さんの父親(望結さんの祖父)の実家が金持ちであることが判明しました。

祖父は「丸一商事株式会社」という精密機器関連の物流会社の代表取締役会長を務めていることが分かりました。

実は本田竜一さんの弟である本田淑久さんが社長で、本田竜一さんは役員をされています。

なぜ本田竜一さんが社長ではないかというと、子供たちの育児やフィギュアスケートのサポートに力を入れているからです。

祖父は他にも関連会社を経営されているようで、年商は合計で20億円以上になるみたいです。

先ほどフィギュアスケートはお金が掛かると紹介しましたが、実はフィギュアスケートの費用は祖父がすべて援助していたのです。

その代わり父親は子育てとフィギュアスケートのサポートに力を入れているわけです。

だからこそ父親は著書を出版するほどだったわけですね。子育てに説得力があると言われる理由が分かりますね。

それにしてもまさか祖父がフィギュアスケートの費用を援助しているとは思ってもいませんでしたね。

そう考えると本田望結さんはフィギュアスケートの才能がありますが、裕福な環境で育ってきたというのも大きな要因でしょう。

スポンサーリンク




PAGE TOP