本田望結の親は本田竜一で職業が判明!?実家が金持ちでヤバい!?

本田望結さんの親である本田竜一さんの職業について調べてみました。

また、実家がお金持ちだそうですので見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

両親はどんな人?名前や画像と年齢は?

本田望結さんの父親は本田竜一さんで、母親は本田真紀さんと言います。

父親は1968年生まれですから2019年現在は51歳ですね。

また母親も父親と大学時代が一緒だったため同じぐらいの年齢だと思われます。

そんな2人の顔写真はこんな感じです。

出典:https://sky-ran.com

父親は優しそうな感じで、母親は綺麗な方ですね。

母親は専業主婦をされているようです。

父親の職業は?医者の噂も?

本田望結さんの父親の仕事は会社員だと判明しました。

どこの会社に勤めているのかは分かりませんでしたが、不動産関係のお仕事をされているようです。

父親はごく普通のサラリーマンだったのですね。

また、父親の職業は医者という噂が浮上していますが、こちらに関してはデマだと判明しました。

父親の職業が医者だと噂された理由は分かりませんが、フィギュアスケートがお金が掛かるスポーツだからではないでしょうか。

ちなみにフィギュアスケートは年間最低でも300万円掛かり、さらに本格的になると年間1000万円掛かると言われています。

しかも本田家は子供が5人の内4人はフィギュアスケートをされていますので凄い金額になってしまいます。

つまり子供たちがフィギュアスケートをされていますので、高収入の職業として医者が噂されたのかもしれません。

父親は本を出版?

父親は会社員をされている傍らで著書を出版されていました。

著書名は『長女を育て、四女に教わった 本田家流子育てのヒント』です。

内容は子育てとして本と与えることや食事面、勉強とスポーツの両立について紹介されているようです。

確かに本田家は5人兄弟姉妹ですから本の中で紹介していることは説得力があるのでしょうね。

スポンサーリンク

実家の場所やお金持ちの噂とは!?

本田望結さんの実家は京都府京都市伏見区にあります。

そんな実家がお金持ちの噂が浮上していますが、こちらについては事実だと判明しました。

そもそも京都は全国と比較すると平均年収が多い地区ですが、本田家の8畳の和室にはトランポリンが置いてあるんだとか。

これだけで実家がお金持ちであることが分かりますね。

ちなみに自宅の内装はこんな感じです。

出典:https://spicy-mint.com

部屋がとても広くて綺麗ですよね。

部屋の内装を見ただけでもお金持ちであることは間違いないでしょうね。

祖父もお金持ちだった!?

実は本田竜一さんの実家もお金持ちであることが判明しました。

つまり本田望結さんから見れば祖父に当たる方ですね。

祖父は「丸一商事株式会社」という精密機器関連の物流会社の代表取締役会長を務めています。

祖父はこの他にもいくつか会社を経営しているようで、年商は合計で20億円以上なんだとか。

ちなみに本田竜一さんには弟がいますが、弟が祖父の会社の社長を務めています。その一方で本田竜一さんは役員になっているようです。

そんな本田竜一さんは役員報酬と株主報酬がありますので、これで家族を養っているようです。

父親は会社員ですが、祖父の役員でもあったのですね。

したがって本田家がお金持ちなのは父親が祖父の役員であることが大きな理由だったのですね。

スポンサーリンク

父親は子育てに専念?

父親は祖父の会社の役員ですが、社長職は弟に譲っていたのです。

なぜなら父親は子育てに専念するためだからです。正確には子供たちをフィギュアスケートで支えるためです。

実は子供たちのフィギュアスケートの費用は全て祖父が援助していたのです。

実際に祖父は「孫たちには年間1人1千万円もかかるんや」とお話されたことがあります。

4人分ですので年間4000万円も掛かっているわけですから、それでは父親では経済的支援は無理な話ですね。

その代わり父親は子供たちをフィギュアスケートで支えることに専念しているのです。

実は父親もかつてはフィギュアスケートで活躍されていたのです。

だからこそ父親は子供たちにアドバイスをすることができますし、精神面でもサポートすることができます。

また、フィギュアスケートの経験と知識があることから子育てに関する本を出版するほどになったのでしょうね。

もしかすると父親は会社員ではあるものの実質的には子育てが本業になっているのかもしれませんね。

実際に父親は朝から晩まで子供たちのために時間を使っているとも。

それにしてもフィギュアスケートの費用を祖父が全て負担しているとは思ってもいませんでした。

でも祖父の証言を参考にすると父親が費用を面倒見るのは無理な話ですよね。

改めてフィギュアスケートはお金持ちのスポーツであることが分かりますよね。

また、父親もフィギュアスケートをされていたとは大変驚きです。

父親にはこれからも子供たちを親として、そしてフィギュアスケートの師匠として支え続けてあげてほしいですね。

スポンサーリンク




PAGE TOP