本田望結の兄弟は5人だと判明!?長女の事故の噂の理由とは!?

本田望結さんの兄弟5人の噂について調べてみました。

また、長女の事故が噂される理由についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

兄弟は5人だと判明!?

本田望結さんが5人兄弟の噂が浮上していますが、こちらについては事実です。

長女:真帆(まほ)さん
長男:太一(たいち)さん 1998年8月2日生まれ
次女:真凜(まりん)さん 2001年8月21日生まれ
三女:望結(みゆ)さん 2004年6月1日生まれ
四女:紗来(さら)さん 2007年4月4日生まれ

正確には5人兄弟姉妹ですが、本田望結さんは三女だったのですね。

ここで1人ずつ紹介していきますが、長女の真帆さんだけは全く情報がありませんでした。

なぜなら長女の真帆さんだけは一般人のためにメディアに出ないからです。

つまり他の4人はフィギュアスケートをされていていますのでメディアで話題になります。

でも長女だけはフィギュアスケートをされていませんので全く情報がないわけですね。

ということで他の兄弟姉妹の経歴やフィギュアスケートの実績について見てみましょう。

まず長男の太一さんは5歳からスケートを始めましたが、当時から才能があったようです。

コーチからは「太一のジャンプは頂点に上がるまでにスピードがあって見ごたえがある」と言われていたぐらいです。

2014年のアジアフィギュア杯で3位に入賞しました。

しかしスケート以外に将来やってみたい仕事があるようで、そのために関西大学経済学部に進学したようです。

2017年4月に入学したそうですので2021年3月に卒業予定のようです。

次女の真凜さんは2歳からスケートを始めましたが、長男の太一さんが始めた時に一緒にスケートを始めていたのです。

真凜さんは他にも水泳、体操、テニス、ピアノなどの習い事もされていましたが、関西大学に入学した時にフィギュアスケート一本に絞るようになりました。

ちなみに憧れの選手は荒川静香さんのようで、荒川静香さんの影響でオリンピックを目指していたこともありました。

2015年のジュニアグランプリファイナルで3位に入賞しました。

2016年の世界ジュニアフィギュアスケート選手権では優勝しました。

しかし真凜さんは練習嫌いだとも噂されているようで、その部分を克服すればまだまだ実力が伸びると言われています。

三女の本田望結さんは小学1年生の時に関西大学主催の氷の甲子園で小学3年生以下の部で優勝されました。

また第39回京都府民総合体育大会の女子シングルジュニア幼年女子の部でも優勝されました。

四女の紗来さんは兄や姉の影響を受けてスケートを始めたと言われています。

近畿フィギュアスケート選手権大会2016年でノービスB優勝をされました。

また近畿フィギュアスケート選手権大会2017年でもノービスB優勝をされました。

さらに全日本ノービス選手権2017でも優勝されています。

そして近畿フィギュアスケート選手権大会2018でもノービスA優勝を果たしました。

2019年にはチャレンジカップのアドバンスド・ノービス女子では国際大会初優勝をされました。

四女の紗来さんは毎年好成績を収め続けているようですね。

何でも、本田家では四女の紗来さんが一番フィギュアスケートの才能があると言われています。

メディアでは姉の真凜さんや望結さんに注目が集まりますが、四女の紗来さんも頭角を現すことになることでしょう。

5人兄弟姉妹の内、4人もフィギュアスケートをされているのは本当に凄いですね。

スポンサーリンク

長女の事故の噂の理由とは!?

長女の真帆さんが事故に遭ったという噂が浮上していますが、こちらについては全くのデマです。

長女の事故が噂される理由はメディアに出ないからです。

先ほども紹介しましたが、長女の真帆さんだけはフィギュアスケートはされず一般人として生活されています。

つまり他の4人はメディアに出て1人だけ出ないのは事故に遭ったからではないかと噂されたみたいです。

また、本田望結さんの父親の本田竜一さんは著書で子育てについて紹介していますが、長女の話題については触れていないようです。

父親が長女の真帆さんについて触れなかったのも事故に遭ったという憶測を広げてしまったものと思われます。

ちなみに次女の真凜さんは以前ある世界大会に出場した際にバスで移動していました。

ところがその世界大会に向かう選手を乗せた移動バスが事故に遭ってしまいました。

幸い真凜さんが乗ったバスではありませんでしたが、そのような経緯から長女の事故という噂が一人歩きしてしまった可能性もあります。

長女の真帆さんは一般人として生活されていますので、そもそも情報を公開する必要がありませんよね。

メディアに出ないという理由だけで変な噂が一人歩きしていますので本当に可哀想です。

そう考えると長女は決して事故に遭ったわけではなく一般人ですのでそっとしてあげましょう。

スポンサーリンク


 


PAGE TOP