安倍昭恵の家系図は森永製菓だと判明!?若い頃の写真が流出!?

2017年8月27日

安倍昭恵さんの家系図が森永製菓だと噂されていますが本当なのでしょうか。

また、若い頃の写真や安倍晋三首相との馴れ初めなどについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

家系図は森永製菓だと判明!?

安倍昭恵さんの実家は大手製菓の「森永製菓」を代々経営している家系図だと判明しました。

まず安倍昭恵さんの曽祖父は森永太一郎さんですが、この方が森永製菓の創始者で初代社長だったのです。

森永太一郎さんはアメリカで西洋菓子に関する知識を学んできたそうで、その知識を生かして店を創業したようです。

そして店はそのまま次世代へと続き、第3代社長は森永太平さんが任されていました。

ちなみに森永太平さんは、安倍昭恵んさんから見ると祖父に当たる方ですね。

一方、安倍昭恵さんの父親は松崎昭雄さんという方ですが、もちろん森永製菓に携わっていました。

最初は重役を任されていましたが、後に第5代社長を10年以上任されていたようです。

一方、安倍昭恵さんの弟は松崎勲さんですが、やはり森永製菓に入社しており、現在はブランドマネージャーやウイダー事業本部長を任されているようです。

ちなみに「ウイダーinゼリー」は森永製菓のヒット商品の1つだと言われています。

そう言えば管理人もウイダーinゼリーを何度も飲んだことはありますが、とてもおいしいですよね。

メーカーまで意識して見ていませんでしたので、改めて凄い会社だと思いました。

それにしても安倍昭恵さんの実家の家系図が森永製菓だったのは驚きです。

大体は3代で店をダメにするということをよく聞きますが、代々で店を創業しているということで、これまた凄いですよね。

スポンサーリンク

若い頃の写真が流出!?

安倍昭恵さんの若い頃が話題になっていますが、まずは若い頃の写真をご覧ください。

出典:http://entitiesgraph.com

こちらは安倍昭恵さんと安倍晋三首相が結婚した当時のものだとすると、安倍昭恵さんが24歳だった時のようです。

それにしても2人とも本当にお若いですよね。

さてそんな安倍昭恵さんですが、若い頃は電通に勤務していたようです。

そして新聞雑誌局でお仕事をされていたようです。

電通といえば最近はブラック企業だという噂をよく聞きます。

大手企業でエリートかもしれませんが、やはり仕事で忙しく大変そうなイメージはありますね。

安倍晋三との馴れ初めは電通時代だった!?

安倍昭恵さんと安倍晋三首相は、安倍昭恵さんが電通に勤務していた時期に出会っていました

そして安倍晋三首相の友人が安倍昭恵さんを紹介したことで1984年に知り合いました

しかし初対面する時に待ち合わせの場所に行ったら、安倍昭恵さんが30分も遅れてしまいました。

そういう経緯から安倍晋三首相の安倍昭恵さんに対する第1印象はあまり良くなかったそうです。

それでも実際に話してみるとすっかり意気投合したそうで、それからは食事やゴルフを通じて交際を続けていたようです。

ただし安倍昭恵さんから言わせると当時は結婚するのは気が進まなかったそうで、その理由としては、政治家の嫁としてやっていく自信がなかったからだそうです。

それでも交際期間3年を経て1987年に結婚することとなりました。

2017年現在は結婚してから30年経ちますが、夫婦仲は良好だとのこと。

これからも良い夫婦関係が続いてほしいですね。

スポンサーリンク




PAGE TOP