中島健人にはハーフの母親がいた!英語がペラペラだと話題!

中島健人さんのハーフの母親について調べてみました。

また、英語がペラペラの噂についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ハーフの母親がいた!

中島健人さんの母親がハーフだと話題になっていますが、まずこちらについては事実です。

母親はフィリピン人のハーフで、父親は日本人です。

このことから中島健人さんはクォーターになります。

確かに中島健人さんはどことなくハーフっぽいとは思っていましたが、クォーターだったのですね。

母親の名前は中島スーザンさんといいますが、一般人のため写真はありませんでした。

中島健人さんがイケメンですので、母親も綺麗な方なのでしょうね。

その一方で、父親は丸井関連のクレジットカード会社に勤務されているそうです。

ちなみに中島健人さんは父親に仕事の悩みなどを相談することがあるそうで、2人で飲みに行くこともあるそうです。

大人になっても親子関係が続くのはとても素晴らしいと思います。

また、父親は母親の誕生日には手紙を贈るそうですので、とても優しい方なのだと思います。

スポンサーリンク

母親とのエピソード!

中島健人さんは母親とのエピソードについて2020年7月の『踊るさんま御殿』で紹介されました。

中島健人さん曰く、「母は女帝」だそうでとても躾に厳しいとか。

具体的には、食事中に母親の話を少しでも聞いていないと次のように言われたそうです。

「女性の話を聞かない男性はアイドルでもセクシーでもでもない」

「Sexy Zoneというグループ名なのにどこがセクシーなのか分からない」

なかなか手厳しいですね。

でもそういう母親の教育があったから中島健人さんは女性に対して紳士に対応するようになったそうです。

何でも、フィリピン人の間ではレディファーストという考え方が徹底しているようです。

そのため母親が車に乗る時は中島健人さんがドアの開け閉めをするのが当たり前のことのようです。

もしそれを行わなかったら母親から「レディファーストではない!」と怒られてしまうとか。

また、テレビ番組で母親の年齢を聞かれた時には「言えませんね」と対応しました。

これは「女性から年齢を聞いてはいけない」という母親の教えを守っていたのです。

このようなエピソードを見ると、中島健人さんが言うように母親は女帝のようにも思えてきます。

でもそういう厳しい躾があったからこそ現在の紳士的な中島健人さんがいるわけですね。

ちなみに中島健人さんは母親のドSな性格を参考にして映画の役作りに臨んだことがあります。

母親のドSな性格を役作りで参考にしていたとは驚きですね。

スポンサーリンク

英語がペラペラだと話題!

中島健人さんは英語をペラペラ話せるようです。

しかも英語だけではなくスペイン語も少しだけ話せるそうです。

大学時代にスペイン語を勉強したことがあって話せるようになったみたいです。

小学生の時にオーストラリア人の友達がいて、その時に英語に興味を持つようになったそうです。

そこから継続的に英語を勉強してきたそうで、それで英語がペラペラになったようです。

「英語の学習には蜜月期と倦怠期がある」

このコメントから相当努力してきたことが分かります。

また、メンバーのマリウス葉さんが英語を話せますので、身近に英会話できる人の存在も大きかったみたいですね。

中島健人さんはクォーターなので英語がペラペラだと思っていましたが、それは努力の賜だったのですね。

スポンサーリンク