綾瀬はるかの本名・蓼丸綾の読み方が判明!国籍が韓国の真相!

2022年12月14日

綾瀬はるかさんの本名「蓼丸綾」の読み方が話題になっていますので調べてみました。

また、国籍が韓国ではないかと噂されていますので、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

本名・蓼丸綾の読み方が判明!

綾瀬はるかさんの本名は「蓼丸綾」さんと言います。「蓼丸綾」の読み方は「たでまるあや」と読みます。

綾瀬はるかさんの本名が判明した理由は高校の卒アルが流出したからです。

出典:worldlifelove.com

少しぼやけて見えますが、確かに名前が「蓼丸綾」となっています。

「蓼丸」という名字はとても珍しいですが、全国に10人しかいないと言われています。

正確には広島県安佐南区の川内地区に2~3世帯しかいないようです。

そんな綾瀬はるかさんはデビュー当時は本名の「蓼丸綾」で芸能活動をしていました。

しかし読み方が難しいので、2001年2月にインターネットで芸名を募集したのです。

芸名の候補として16000件の募集の中から本人とスタッフで「綾瀬はるか」という名前を選んだようです。

また、芸名の由来は映画『はるか、ノスタルジィ』の登場人物「綾瀬慎介」と「はるか」を掛け合わせたという説もあるようです。

スポンサーリンク

国籍が韓国の真相!

綾瀬はるかさんの本名が「蓼丸綾」という珍しい名前のため国籍が韓国ではないかと噂されています。

しかし綾瀬はるかさんの国籍が韓国というのは全くのデマです。

先ほども紹介しましたように、「蓼丸」は広島県安佐南区の川内地区の苗字です。

つまり綾瀬はるかさんの実家は広島県安佐南区川内地区ということになるわけです。

川内地区は1~6丁目まであるようですが、綾瀬はるかさんの実家は6丁目にあるそうです。

ちなみに綾瀬はるかさんの父親の名前は蓼丸良孝さんというそうですので、どう考えても純日本人です。

それに朝鮮人の姓の中に「蓼」という名字はありませんので、「蓼丸」という名前は韓国由来ではないのです。

実は「蓼」というのは、広島の名産である植物のことだったのです。

蓼という植物は葉が辛いので刺身のツマなどの薬味として食用されているようです。

そして辛さで口に入れると「ただれる」ことから「たで」になったという説もあるみたいです。

綾瀬はるかさんの苗字の蓼という由来が植物だったのは驚きですね。

スポンサーリンク

実家は野菜農家!

綾瀬はるかさんの実家は野菜農家を営んでいます。

父方の祖父が農家を始めて、父親が後継ぎして、兄も農業を手伝っているようです。

父親は元々はキッチンのデザインをする仕事をされていたようですが、仕事を辞めて農業の後継ぎを始めたのです。

父親は農業を楽しんでいて、その姿を見た兄も大学卒業後は実家に戻って農業を手伝うことになったみたいです。

兄の名前は蓼丸良平さんというそうですが、兄はJA広島市のHPに登場しています。

実は「蓼丸」という名字の世帯は農家を営んでいることが多いと言われています。

綾瀬はるかさんの実家も野菜農家ですので、蓼丸という名字はそのような家柄だったのです。

スポンサーリンク


 

芸能