小日向京が病気の真相とは!?経歴や愛用の文房具が判明!?

小日向京さんが病気だと噂されていますが、その真相について調べてみました。

また、経歴や愛用の文房具についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

病気の真相とは!?

小日向京さんについて検索すると「病気」というキーワードが出てきます。

しかし先に結論を言ってしまうと、病気に関する情報は全くありませんでした。

つまり病気というのはデマの可能性が高いと思われます。

それにしてもなぜ病気というキーワードが出たのか分かりませんでした。

しかしある一般人の方がブログで次のような書き込みをしているのを見つけました。

長年、持病の「万年筆はとりあえず何でも買いたい病」が完治しました!と書くと再発しそうで怖いのですが(笑)。たぶん、万年筆を買うという行為はある種の病気ですので心に何かしらの問題を抱えている場合が殆どです。

出典:blog.livedoor.jp

どうやらその方は万年筆を買うことと心の病を関連付けたようで、同じく文房具を愛している小日向京さんと病気を結び付けたのかもしれませんね。

つまり物欲が止まらないという病気のことを指しているのかもしれませんね。

ただし小日向京さんが物欲があるのかどうかは分かりませんし、病気の信ぴょう性は低いでしょうね。

スポンサーリンク

経歴や愛用の文房具が判明!?

小日向京さんの経歴が話題になっていますが、文房具ライターとして活躍されています。

小日向京さんが文字に興味を持つようになったのは幼少期の頃からだったそうで、小学生になる前にはすでに新聞の文字をなぞって真似ていたんだとか。

そういうこともあって小学生の入学祝いのプレゼントは電動式の鉛筆削りでした。

しかし取り止めになってしまったようで、あまりのショックに泣いてしまったほどです。

よほど文房具が好きなことが伝わってきますね。

また、書籍『考える鉛筆』を出版されていて、鉛筆の持ち方から始まり、書き方や削り方などについて書かれているようです。

さらに鉛筆を削った後の削りカスの形状の違いや香りを楽しむ方法も書かれているんだとか。

鉛筆に対する愛情がヤバいですよね。

そんな小日向京さんが愛用している文房具についても調べてみました。

まずプライベートで持ち歩いている手帳ですが「NOLTY 能率手帳 GOLD」というものです。

どうやら10年間使い続けているそうで、毎年2冊づつ購入しているようです。

また、万年筆は「ファーバー カステル ギロシェ」を愛用しているようです。

このように鉛筆だけではなく万年筆にもこだわりがあるようですね。

しかし鉛筆に関してはテレビ番組『マツコの知らない世界』で紹介してくれることでしょうね。

スポンサーリンク




PAGE TOP