新庄剛志と元嫁・大川内志保の馴れ初め!離婚理由と子供もチェック!

新庄剛志さんと元嫁・大川内志保さんの馴れ初めについて調べてみました。

また、離婚理由と子供がいるのか、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

元嫁・大川内志保との馴れ初め!

新庄剛志さんの元嫁は大川内志保さんです。

年齢は嫁の方が1つ上ですが、学年では同級生になります。

そんな新庄剛志さんと嫁の馴れ初めは1993年1月に仕事で出会ったことです。

嫁が新庄剛志さんの合宿先を取材し、番組企画の船上クルージングで出会いました。

その時に新庄剛志さんの方から嫁に一目惚れし、新庄剛志さんが自身の誕生日である1月28日に嫁に電話で告白しました。

ここから交際が始まり、その2か月後に交際が公に報道されました。

新庄剛志さんも取材に対して交際を認める趣旨でした。

・怪我や不調でイライラしているときに見ると安心する
・食事や服の世話などのサポートをしてくれる
・新庄剛志さんの方から毎日連絡をする

こうして交際期間7年を経て、2000年に結婚しました。

しかし結婚する際に新庄剛志さんは嫁に次のように言いました。

「志保と野球は両立できない。だからお前も女優として生きなさい」

このように言ったわけですが、嫁は「仕事を辞めてきました」と言いました。

その後、新庄剛志さんは2001年から2003年までメジャーリーグに行きましたが、嫁も一緒に付いて行って新庄剛志さんをサポートしてきました。

スポンサーリンク

離婚理由と子供もチェック!

ところが新庄剛志さんと嫁は2007年に離婚することになりました。

7年の結婚生活でしたが、2人の間には子供はいませんでした。

新庄剛志さんは過去に次のような発言をしたことがあります。

「自分には結婚願望も子供が欲しいという願望も一切ない」

「子供をつくらない理由は自分がまだ子供だから」

新庄剛志さんがこのように考えていることから、あえて子供を作らなかったのかもしれませんね。

それで新庄剛志さんと元嫁の離婚理由はすれ違いでした。

2006年に野球を引退した新庄剛志さんはインドネシア・バリ島を訪れました。

その時に感じたことは、誰も自分を知っている人がいないことから「最高の島」と思ったそうです。

確かに新庄剛志さんの現役時代はとても人気がありましたので、現役引退して落ち着きたかったのでしょうね。

実際に新庄剛志さんも「自由が欲しかった」と語っており、バリ島に住むことを決意したほどでした。

そこで新庄剛志さんは嫁にメールで「今日からバリに住むんで離婚します」と送ったのです。

突然のメールに嫁からは「はっ?意味分かんない」と困惑の返事が来たそうです。

でも新庄剛志さんは「俺も分かんないけど、ごめん」と謝罪しました。

そして新庄剛志さんは数億円の慰謝料を支払って離婚することになりました。

実は嫁の方も新庄剛志さんとは日本ハムに移籍した時から心の距離を感じるようになったそうです。

新庄剛志さんは2004年に日本ハムに移籍しましたので、離婚する2年前ぐらい前からすれ違っていたのです。

このような経緯でしたので嫁もあっさりと離婚に同意していたわけですね。

それでも新庄剛志さんはしっかりと慰謝料を支払って離婚しましたので、離婚後も嫁は新庄剛志さんを応援しているとのこと。

したがって夫婦円満での離婚だったわけです。

新庄剛志さんの自由奔放な性格を分かっているから嫁も離婚に同意できたのかもしれませんね。

スポンサーリンク