芳根京子のギランバレー症候群の症状と原因は?再発の可能性は?

芳根京子さんのギランバレー症候群の症状と原因を調べてみました。

また、再発の可能性があるのか、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ギランバレー症候群の症状と原因は?

芳根京子さんについて検索すると「ギランバレー症候群」というキーワードが出てきます。

芳根涼子さんは中学2年生の時にギランバレー症候群という難病を患っていました

ギランバレー症候群の症状

・手足のしびれ
・筋力が低下
・手足に力が入らなくなる
・物が飲みにくい
・息苦しい

末梢神経に障害が起こることで、これらの症状が出るそうです。

最初は下半身から症状が出てきて、徐々に上半身にも症状が出るそうです。そして酷い時には顔まで症状が出ることもあるみたいです。

軽症の場合は日常生活に支障は出ませんが、重症になると全身の筋肉が動かなくなって寝たきりになってしまうようです。

ギランバレー症候群が発症する原因は感染症やワクチンの接種で起こると言われています。

感染症になってから数週間でギランバレー症候群を発症するみたいです。

ギランバレー症候群は10万人に1人という低確率で発症すると言われています。

芳根京子さんは中学2年生でしたので、ワクチンを接種した時に運悪く細菌が体内に侵入した可能性があるかもしれません。

そして細菌に感染したことで免疫反応が起こりますが、抗体が細菌にではなく稀に神経に攻撃してしまった可能性があるみたいです。

そうなると手足が麻痺してしまい筋肉に力が入らなくなってしまいます。

芳根京子さんはこのようなことが原因でギランバレー症候群を発症してしまったのかもしれません。

スポンサーリンク

再発の可能性は?

芳根京子さんは中学2年生の時に発症して1年間学校に通えなかったほどでした。

そんな芳根京子さんですが、現在は完治されていて再発の可能性はほとんどないと言われています。

実際に芳根京子さんはギランバレー症候群について次のようにコメントしました。

「難病とは言われているけど、自然に治る病気。今は完治してる。病気のあとは急激に足が速くなったり、持久走で1位になったりしているので全然、支障がない!」

すっかり元気になったようですね。むしろ筋力が上がったようなエピソードに驚きです。また、自然に治ったようですね。

ちなみにギランバレー症候群を患った患者の7~8割の人は元の筋力に戻りますが、2~3割の人は症状が残って完治しないそうです。

完治しない人もいるようですので、芳根京子さんが元気になって本当に良かったです。

そんな芳根京子さんは難病を克服するために毎日楽しいことを探していたのです。

具体的には

・周りの人との会話
・笑える動画を見る

これらのことを積極的に行ったようです。

また、難病であるギランバレー症候群を重い病気だと考え込まないようにしていたそうです。

難病なのでネガティブに考えてしまいますが、気持ちで負けないように頑張ったのですね。

さらに芳根京子さんの両親は神社に行って病気が治るようにお参りをしていたそうです。

芳根京子さんが闘病中は毎日神社にお参りに行っていたそうですよ。

芳根京子さん自身だけではなく家族の支えもあって無事に難病から復活できたわけですね。

難病を患ってしまうと絶望的な気持ちになりやすいですが、芳根京子さんはとても強い精神力の持ち主ですね。

女優としての芳根京子さんがいるのは辛い過去を乗り越えたからなのでしょうね。

スポンサーリンク