中条あやみはハーフで父はイギリス人!姉やずるい理由とは?

中条あやみさんはハーフなので父親について調べてみました。

また、姉やずるいと言われる理由についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ハーフで父はイギリス人!

中条あやみさんは父親がイギリス人で母親が日本人のハーフです。

中条あやみさんの本名は「中条・あやみ・ポーリン」さんというそうです

あやみはミドルネームで、ファーストネームのポーリンは祖母と同じ名前のようです。

中条あやみさんのニックネームは「ポーちゃん」だそうですが、本名から来ていたわけです。

中条あやみさんの父親の名前はドミニクさんというそうで、出身はイギリスヨークシャー州ハル市です。

父親の実家も同じ場所にあるそうで、中条あやみさんは2016年に10年ぶりに実家に訪れたそうです。

その時に祖父母とも感動の再会を果たしました。

ちなみに父親の画像はこちらです。

出典:koimousagi.com

左が父親で右が祖母になります。幼少期の頃の中条あやみさんもとても可愛いです。

父親は日本の文化が好きで空手をされています。

正道会館の道場」で空手をされていて、実際に中条あやみさんの父親から空手を習ったという情報もあります。

父親は空手の先生だったのかもしれません。

確かに写真を見ると空手をやっていそうな感じにも見えますね。

スポンサーリンク

姉やずるい理由とは?

中条あやみさんには姉が1人いて名前はともみさんというそうです。

姉とは12歳年が離れているため、ほとんど喧嘩することはなくとても仲が良かったそうです。

中条あやみさんがハーフなのは分かりましたが、テレビとかで見ると日本人にしか見えないですよね。

そういうことからハーフなのに日本人にしか見えないのでずるいと言われています。

そもそも中条あやみさんと父親と母親は大阪で出会ってそのまま結婚されました。

したがって中条あやみさんは生まれも育ちも大阪ですので、ずっと日本にいました。

ところが中条あやみさんは英語の聞き取りレベルがとても高いそうで、日常会話程度なら話すことができるそうです。

英語を話せることから中条あやみさんは帰国子女ではないかと噂されています。

ですがずっと日本にいましたので帰国子女ではありません。

外見が日本人にしか見えないのに英語が話せるというのもある意味ずるいですね。

でも自宅では父親は英語、中条あやみさんは大阪弁で会話をされているみたいです。

ということは中条あやみさんは父親から英語を教えてもらって英語が話せるようになったのかもしれませんね。

スポンサーリンク


 


PAGE TOP