井上和香と旦那の馴れ初め!職業は映画監督で年収もチェック!?

井上和香さんと旦那の馴れ初めについて調べてみました。

また、職業は映画監督で年収についても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

旦那との馴れ初め!

井上和香さんの旦那は飯塚健さんです。

井上和香さんと旦那の馴れ初めは映画撮影です。

映画監督である旦那の代表作に『荒川アンダーザブリッジ』がありますが、井上和香さんは美人秘書役を演じました。

旦那の作品に井上和香さんが出演されていたのですね。

しかし撮影現場では2人はほとんど話したことがなかったそうです。

そこで旦那は井上和香さんに「映画館に行くんですけど、時間があったらどうですか?」と誘いました。

井上和香さんはOKしましたが、初デートが映画鑑賞だったのです。

映画鑑賞が終わると2人は飲みに行きましたが、旦那は井上和香さんに「僕のこと嫌いですか?」と唐突な質問をしたそうです。

これに対して井上和香さんは「嫌いじゃないです、好きです」と答えたとか。

すると旦那は「僕と付き合いますか?イヤだったらいいですけど」と言いました。

井上和香さんは「はい」と承諾しましたが、旦那の唐突な告白が面白かったのでOKをしたそうです。

このように旦那の方から井上和香さんをアプローチしていたのですね。

しかし旦那の唐突さはこれだけではありませんでした。

井上さんってさして可愛くないですよね

旦那はこんなことを井上和香さんに言っていたのです。

この当時の井上和香さんは人気絶頂でしたので、井上和香さんは「斬新で面白いじゃん!」と思ったそうです。

井上和香さんは旦那のそういう変わったところに惹かれたそうです。

こうして2011年5月から交際が始まり、1年の交際期間を経て2012年5月13日に結婚されました。

ちなみに5月13日は井上和香さんの誕生日ですから素敵な誕生日プレゼントですね。

井上和香さんも自身のブログで次のようにコメントされています。

「気付いたら、当たり前に結婚するんだと思えている私がいました。

この人と一緒にいたら、絶対楽しい毎日が待ってる!」

はたから見たら旦那さんが面白いですが、井上和香さん本人が楽しいならより良いですね。

スポンサーリンク

職業は映画監督で年収もチェック!?

旦那の職業は映画監督ですが、映画に対する情熱が凄いですね。

旦那は映画を独学で撮影して知識と経験を積んできたそうです。

2003年に映画『Summer Nude』で監督デビューを果たしましたが、この作品を映画会社に売り込みましたがどこも相手にしてくれませんでした。

そのため自分で1500万円の資金援助を周りに頼んで撮影資金を集めたそうです。

こうして映画として作品を形にすることができたわけですが、ここから映画監督しての道がスタートしました。

2012年には映画『荒川アンダーザブリッジ』でも監督を務めましたが、この時に井上和香さんと出会っています。

2014年には『GTO』でも監督を務めました。

ここ数年で見ると2017年には『笑う招き猫』、2018年には『虹色デイズ』の作品があります。

そして2020年には映画『ステップ』、映画『ヒノマルソウル-舞台裏の英雄たち-』でも監督を務めています。

こうやって見てみると旦那は多くの作品で監督をされているのですね。

旦那の年収についてははっきりしませんが、映画監督の中では年収は低いと噂されています。

旦那の年収は400万円とか500万円ぐらいだと言われているようですから思ったよりは少ない感じがします。

でも映画監督の平均年収は350万円~850万円ぐらいだと言われていますので、旦那の年収は平均クラスのようです。

それでも有名な映画監督だと年収1000万円以上なんだとか。

また、映画一本の最低報酬は350万円と規定されているようです。

映画監督は普通に年収1000万円以上は貰っていると思っていましたので金額の低さが意外でした。

そして何よりも旦那は最初は苦労されていたわけですから、ここまでこれたのは努力の賜ですね。

これからも旦那にはどんどん映画監督として作品を出してほしいですね。

スポンサーリンク


 

芸能