依田紀基のツイッターの批判内容が話題!?原幸子がエピソードを暴露!?

依田紀基さんのTwitterの批判内容が話題になっていますので調べてみました。

また、原幸子さんが明かしたエピソードについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ツイッターの批判内容が話題!?

囲碁のプロ棋士である依田紀基さんに「対局停止6か月の処分」というニュースが流れました。

この処分が下された理由は依田紀基さんがTwitterで日本棋院の執行部を批判したからでした。

日本棋院は批判について「事実無根で誹謗中傷にあたる」として処分を下しました。

ここで気になるのが依田紀基さんのTwitter内容と、なぜ批判したのかですよね。

Twitterの内容について調べてみると現在は削除されていました。

しかしメディアによると

「(執行部は)嘘もつくし事実も歪める」
「権力に媚びる茶坊主の集まり」

依田紀基さんはこのようなツイート内容で投稿して日本棋院を批判していたのです。

依田紀基さんは日本棋院に相当な恨みがあるみたいですが、一体なぜこのようなツイートをしてしまったのでしょうか。

それは嫁である原幸子さんが常務理事を解任されたことが理由だったのです。

嫁の原幸子さんも囲碁の女優棋士として活躍されています。

嫁が常務理事を解任されたことに依田紀基さんは激怒して日本棋院を批判していたわけです。

しかし嫁の原幸子さんが常務理事を解任されたのにも理由がありました。

それは嫁が、理事選に立候補した候補者に「反外部理事派」と書いたメールを送っていたからでした。

日本棋院の現在の理事長は小林覚さんですが、小林覚さんの姉である小林千寿さんは元常務理事でした。

つまり反外部理事派=親小林千寿派だったようで派閥争いが起こっていたようです。

このことから嫁の原幸子さんは常務理事を解任されてしまったみたいです。

依田紀基さんは「対局停止6か月の処分」については裁判で争うと強気の姿勢でいます。

なのでこれは派閥争いで相当深い闇の部分があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

原幸子がエピソードを暴露!?

依田紀基さんの嫁は原幸子さんだと紹介しましたが、過去に嫁が依田紀基さんのエピソードを明かしました。

依田紀基さんと言えば囲碁界では超一流のプロ棋士ですが、嫁が言うには依田紀基さんは何もできないとか。

例えばガスコンロの火が消せなかったり水道の止め忘れがあったみたいです。

水道を出しっぱなしにしたせいで水道局から数万円の請求が来たことがあったそうです。

これに対して依田紀基さんは「俺がこんなに使うわけがない」と文句を言いに行ったそうです。

これに対して水道局側が「半値にしましょう」と負けてくれたそうですが、「使ったんならちゃんと満額払う。だが半額の根拠は何だ!」と怒ったそうです。

依田紀基さんは対局中は凄い気迫を感じますが、あの気迫で怒られたらかなり怖そうですよね。

依田紀基さんはお金の使い方もかなり豪快だったのです。

タイトル戦で獲得した賞金を全てカジノに使ってしまうほどでした。しかもカジノに負けてほとんど手元には残らなかったようです。

それでもカジノで負けることがタイトル戦でまた賞金を稼ごうと奮起できていました。

しかしカジノに代わって趣味がファミコンになったこともあり、その時は「三国志Ⅱ」にずっとハマっていたこともありました。

1日に20時間も没頭したこともあり、7年ほど同じソフトで遊んでいたようです。

ゲーム内では味方の呂布が負けた時はコントローラーを投げつけて怒ることもあったとか。

ちなみに呂布というのは三国志や三国無双に出てくる最強の武将です。

依田紀基さんのエピソードについて見てきましたが大変驚かされました。

でも三国志が好きというのは分かるような気がします。実際に管理人も囲碁が大好きで三国無双も好きだからです。

依田紀基さんと趣味が同じというのはとても親近感が沸きました。

スポンサーリンク


 


PAGE TOP