松本人志の嫁の伊原凛が韓国人の噂が浮上!?娘の小学校は聖心だと判明!?

松本人志さんの嫁である伊原凛さんが韓国人だと噂されていますが、果たして真相は。

また、娘が通う小学校が聖心女子学院だと噂されていますので、こちらについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

嫁の伊原凛が韓国人の噂が浮上!?

松本人志さんの嫁は伊原凛さんですが、2009年にご結婚されました。

2人の年齢差は19歳ということですから結婚当時はかなり話題になっていたようです。

そんな嫁ですが、韓国人だと噂されています。

嫁が韓国人だと噂された理由は、過去に宣喜娜(ソンヒナ)という名前で芸能活動をしていたことがあったからです。

実は伊原凛も宣喜娜も芸名で、本名は洪瑞希(ホンミズキ)さんだと判明しました。

何でも、かつては芸能活動をしつつ、2006年から2008年までは「ズームイン!!SUPER」でお天気キャスターも務めていました。

しかし2008年に芸能界を引退し、一般人となってから松本人志さんと結婚していたわけですね。

また、両親については母親が韓国人で、父親は在日2世のようです。

母親が韓国人だと分かったのは、伊原凛さんがブログでそのような記載をしていたからです。

さらに日本対韓国のサッカーの試合が行われた時には嫁はどちらも応援していたようで、どちらが勝っても楽しみがあると思っていたようです。

したがってこれらの理由から嫁が韓国人だと噂されたわけですが、韓国人の可能性が高いようです。

スポンサーリンク

娘の小学校は聖心だと判明!?

松本人志さんには娘が1人いて、名前は「てら」ちゃんと言います。

少し変わった名前ですが、松本人志さんは娘の名前について次のように語っていました。

「漢字の寺にするのもおかしいし、画数とかも関係ないし、雰囲気で付けただけ。呼びやすいから」

どうやら娘の名前は雰囲気で付けたそうです。

しかし英語の「terra」には地球や大地という意味があるようです。

したがって娘は良い名前を付けられたと考えても良いかもしれませんね。

そんな娘は2018年現在で8歳になったようですが、通っている小学校が聖心女子学院だと噂されています。

しかし先に結論を言うと、娘が聖心女子学院に通っているというのはデマだと判明しました。

実は娘が通っている小学校は都心にあるインターナショナルスクールだと判明したのです。

そのインターナショナルスクールには木村拓哉さんの娘も通っていました

それで木村拓哉さんの娘が通っていた小学校はどこかというと、「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」だと判明しました。

つまり松本人志さんの娘もこの小学校に通っているわけです。

ちなみにこの小学校は当然のことながら授業はすべて英語で行われていますので、日本人の合格はかなり難しいと有名です。

しかも年間の学費も200万円以上掛かると言われていますので、セレブが通う小学校ですね。

スポンサーリンク




PAGE TOP