米倉涼子と旦那の離婚原因が判明!?海老蔵と復縁で再婚!?

2017年8月24日

%e7%b1%b3%e5%80%89%e6%b6%bc%e5%ad%90

米倉涼子さんと旦那は離婚してしまいましたが、その原因は一体何だったのでしょうか。

また、海老蔵さんと復縁や再婚などが噂されていますが、真相はどうなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

旦那・太田靖宏は会社経営!?

米倉涼子さんの旦那は2歳年下の太田靖宏さんですが、ルックスが堺雅人さんに似ているとのこと。

画像はありませんがイケメンなのは間違いないかもしれませんね。

そんな太田靖宏さんは元々リクルートの社員だったと言われています。

リクルートに入社した人は後に起業する方が多いと噂になっています。

実際、太田靖宏さんは最初こそは契約社員として入社し、営業実績が良かったため正社員に昇格しました。

ところが今度は自分が起業したいという決意をし、2012年にリクルートを退社しました。

そして現在は年商2億円の「株式会社ライフノート」を経営されているとのこと。

そんな会社を立ち上げたわけですが、そこには当時付き合っていた米倉涼子さんの支えもありました

旦那との馴れ初めとは!?

米倉涼子さんと太田靖宏さんの出会いは2011年の冬のことです。

当時、米倉涼子さんは行きつけのバーで長身でイケメンの太田靖宏さんを一目惚れし、隣に座り積極的に声を掛けていたそうです。

米倉涼子さんから声を掛けるということは、やはり相当のイケメンだったのでしょうね。

そして米倉涼子さんは太田靖宏さんの事業の手伝いをするために資金を援助していたわけです。

当然そうなると同棲という形で交際していたことになります。

離婚はモラハラが原因!?

しかし同棲していく中で太田靖宏さんの態度が次第に変わっていったようです。

具体的には、太田靖宏さんは次のようなことを言っていました。

「お前の友人は常識がない」

このようなことから米倉涼子さんは、それまで付き合っていた友達と距離を置くようになったそうです。

さらに太田靖宏さんは

「お前は常識を知らない。付き合った人間も普通じゃない」

「服も変だ。髪型も変だ。ツメも変だ。全部変だ」

このように友人だけではなく、米倉涼子さんを全否定するようになりました。

しかも酷いときには正座で5時間も説教をされたこともあったそうです。

さらに人格だけではなく、行動も制限されるようになりました。

門限を決められたり、お酒で酔うことも許してもらえなかったそうです。

したがって飲み会にっても、門限の時間が近づくと酔いを覚ますようにしていたとか。

そして門限を破ると暴力まで振るうという酷い事実もあったようです。

しかし米倉涼子さんは意外にも言い返せない性格なんだとか。

ドラマではキレのある演技で本音を言い返しそうですが、実際にはMな性格のようです。

しかも旦那さんはとても口が上手で、米倉涼子さんは洗脳されていたということが分かります。

このようなことから米倉涼子さんはもう太田靖宏さんに対しては愛情はないと週刊誌で報じられていました

そして離婚協議中でしたが、遂に2016年12月末に2人が離婚したということが正式に発表されました。

離婚に至った経緯については、相手が一般人だということもあり詳細は一切明かしていませんでした。

しかしやはりモラハラが原因で離婚した可能性は否定できないでしょうね。

確かにあれだけモラハラを受けてきたわけですから離婚は当然の流れになりますよね。

悪くいえば米倉涼子さんは利用されてしまったとしか言いようがありません。

米倉涼子さんがこれから優しい旦那さんに出会えることを願っています。

スポンサーリンク

海老蔵と復縁で再婚!?

米倉涼子さんと海老蔵さんは過去に2年間交際していたことがあり、結婚間近とも言われていました。

しかし米倉涼子さんが梨園に入る覚悟がないという理由で破局してしまいました。

海老蔵さんは現在ご存知の通り、小林麻央さんと婚約されています。

それでも2人が婚約したのにもかかわらず、今でも米倉涼子さんは海老蔵さんと友人関係として連絡を取り合っていると噂されています。

特に米倉涼子さんは旦那と結婚後はモラハラなどの被害を受けていたこともあり、海老蔵さんに相談していたという噂も浮上しているようです。

過去に交際していたことと、最近の旦那のモラハラを考えた時に心の支えとして復帰が噂されたようです。

さらに酷い噂としては、小林麻央さんの乳がんが完治しなかったら、つまり小林麻央さんが亡くなったら米倉涼子さんと再婚するという噂も浮上しています。

確かに米倉涼子さんと海老蔵さんは交際していましたが、このような噂だけで復縁や再婚というのは考えたくはありませんね。

スポンサーリンク




PAGE TOP