谷川浩司の激怒事件の真相がヤバい!?兄や嫁が判明!?

2018年5月22日

谷川浩司さんの激怒事件の噂が浮上していますが、一体どういうことなのでしょうか。

また、兄や嫁が話題になっていますので、こちらについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

激怒事件の真相がヤバい!?

谷川浩司さんについて検索すると「激怒 事件」というキーワードが出てきます。

このようなキーワードが出てきたのは、三浦弘行さんのカンニング事件問題がかかわっているとのこと。

三浦弘行さんは将棋の対局中に将棋ソフトを使用した疑いが浮上していました。

一言でいうと不正疑惑が浮上していたわけですが、しかし三浦弘行さんが不正を行った証拠は一切ありませんでした。

このことから三浦弘行さんは“シロ”であることでカンニング疑惑問題は解決しました。

しかし今回のカンニング事件を巡っては一体誰が責任を問うのかが問題となりました。

実は三浦弘行さんの不正疑惑を訴えたのは渡辺明さんでした。

それで問題なのは谷川浩司さんは渡辺明さんの訴えを鵜呑みにし、調査をせずに三浦弘行さんに処分を下したことです。

その処分の1つにタイトル戦の1つである竜王戦にも出られなくなったことがありました。

ちなみに竜王戦の賞金は4320万円と言われていますので、出られなくなっただけでもかなりの損失ですね。

それで谷川浩司さんは本来ならば渡辺明さんに処分を下さなければならなかったのですが、渡辺明さんには何も処分がなかったそうです。

したがって何も処分を出さなかった谷川浩司さんへの怒りは言うまでもないでしょう。

また、三浦弘行さんを出場停止させた日本将棋連盟の役員たちの処分も軽かったようで、具体的には減給処分で留まったと言われているようです。

将棋ファンから言わせると、このような処分の軽さには不満を持っている方も多いんだとか。

さてそんな中、谷川浩司さんは日本将棋連盟の会長というポジションでした。

それで谷川浩司さん本人の処分は会長を辞任することで、谷川浩司さんは次のようにコメントしていました。

「将棋ファンや主催者、三浦 弘行九段に誠意をお伝えするには辞任するのが一番との結論に至った」

谷川浩司さんはこのような結論を出しましたが、何も調査をせずに三浦弘行さんを疑ったことは名誉棄損になりますよね。

やはり怒りの矛先が会長であった谷川浩司さんに向けられても仕方ないでしょうね。

スポンサーリンク

兄や嫁が判明!?

谷川浩司さんの兄は5つ上の谷川俊昭さんです。

実は谷川浩司さんが将棋を指すきっかけとなったのは兄の存在でした。

どうやら子供の頃は兄弟喧嘩が絶えなかったようで、喧嘩を止めさせるために谷川浩司さんの父親は2人に将棋を指させたと言われています。

そういうきっかけで谷川浩司さんは将棋と出会いましたが、しかし兄弟喧嘩はむしろ酷くなっていったとのこと。

どうやら谷川浩司さんは負けず嫌いな性格だったそうで、負けると駒を投げつけたり噛んだりしていたようです。

それで兄はプロにはなりませんでしたが、かつては羽生善治さんに勝ったことがあるんだとか。

現在の兄はアマチュアのタイトルをたくさん取っているようで、アマチュアトップの実力があるようです。

また、嫁についても話題になっていますが、しかし嫁に関する情報は一切ありませんでした。

しかし谷川浩司さんは家族は4人いるとコメントしています。

ということは嫁と子供がいるということでしょうかね。

それでも全く情報がありませんので、これ以上のことは分かりませんでした。

スポンサーリンク




PAGE TOP