井上真央の引退が噂される意外な理由とは!?創価学会の証拠を暴露!?

井上真央さんの引退が噂されていますが、その理由はどうしてなのでしょうか。

また、創価学会である証拠が話題になっていますので、こちらについても見てみましょう。

 

スポンサーリンク

引退が噂される意外な理由とは!?

井上真央さんについて検索すると「引退」というキーワードが出てきます。

しかしまず先に結論を言ってしまうと、引退説は全くのデマだと判明しました。

それでも引退説が噂されたのには意外な理由がありました。

1つ目は事務所を移籍したからです。

そもそも井上真央さんはセブンスアベニューという事務所に所属していました。

この事務所には松嶋菜々子さんも所属していますが、井上真央さんが大河ドラマ『花燃ゆ』に出演するなどによって事務所の稼ぎ頭に成長しました。

しかし事務所の稼ぎ頭になったにもかかわらずギャラは低い状態だったそうで、井上真央さんはそのことに対して不満を持っていたらしいのです。

つまり前事務所とは確執があり、そういうことから現在は岸部一徳さんの所属事務所に移籍したわけです。

このように事務所を移籍したことで引退が噂されてしまったというわけですね。

また、事務所の移籍でバタバタしていた時には当然芸能活動はできませんでしたので、より引退説が話題になっていたのです。

2つ目は2018年1月にメディアが井上真央さんの引退説を報じたからです。

実は2018年1月9日に井上真央さんが引退するのではないかという内容が報じられました。

その引退理由としてはドラマの視聴率が悪かったこと松本潤さんが浮気したことで精神的ショックを受けたからだと報じられました。

しかし引退の理由にドラマの視聴率や松本潤さんの関係を結び付けるのはこじ付け感が酷いですよね。

それに1月9日は井上真央さんの誕生日ですのでメディアが引退説を煽ったのでしょう。

2018年現在の井上真央さんは芸能活動をされていますので、引退説は全くのデマということになりますね。

スポンサーリンク

創価学会の証拠を暴露!?

井上真央さんが創価学会員だと噂されていますが、まず先に結論を言うと、井上真央さんが創価学会員というのは事実です。

そんな井上真央さんが創価学会員である証拠は、井上真央さんの母親が次のような発言をしたことです。

「私の母の代から創価学会に入っているし、私も娘も信仰しています。今はドラマの撮影で忙しいので、昔のようには活動できていませんがね」

出典:週刊新潮

井上真央さんの祖母の代から創価学会を信仰していることが週刊誌で判明したわけですね。

そして親が創価学会員を信仰していれば自動的に子供も創価学会員になるわけです。

つまり井上真央さんが創価学会員というのは本当だったわけですね。

また、創価学会が発行している聖教新聞を欠かさず読んでいるようです。

さらに創価学会員の結婚についても噂されています。

実は創価学会員の人が結婚するためには結婚相手が創価学会員であること、あるいは結婚相手が創価学会員に入信することが条件だと言われています。

井上真央さんの結婚相手として噂されているのは松本潤さんですが、宗教が原因で結婚できないのではないかとも噂されているようです。

そう考えると創価学会員はいろいろととても大変のように感じますね。

スポンサーリンク




PAGE TOP