君の名は。の入れ替わる理由とは!?湖の場所は諏訪湖だと判明!?

2018年1月20日

映画『君の名は。』で三葉と瀧が入れ替わりましたが、その理由は一体どうしてなのでしょうか。

また、湖の場所が諏訪湖だと言われていますが、本当かどうか調べてみました。

※ネタバレ注意!!

この記事には映画『君の名は。』に関するネタバレが含まれています

もしまだ一度も映画を見ていない方は、ネタバレが含んでいますので離脱した方が良いと思われます。

以上のことをご理解したうえで先に進んでください。

スポンサーリンク

入れ替わる理由とは!?

映画『君の名は。』の内容としては、三葉と瀧が入れ替わってストーリーが展開するところですよね。

2人が入れ替わるというのは映画を見ればお分かりでしょう。

しかしなぜ2人が入れ替わったのか、その理由が分からない方も多いのではないでしょうか。

管理人も初めて地上波放送で『君の名は。』を見ましたが、なぜ2人が入れ替わったのかさっぱりでした。

やはり初見ですと分からない方もいるでしょう。

ということで2人が入れ替わった理由について調べてみました。

まず三葉と瀧が入れ替わる理由よりも、三葉の家族について知っておく必要があります。

三葉の家族構成は一葉(祖母)、二葉(母)、三葉(本人)、四葉(妹)、父親です。

それで実は一葉も二葉も四葉もみんな入れ替わりを経験していたんだとか。

また、三葉が住んでいる地域にも注目していきます。

三葉が住んでいるのは糸守町という場所ですが、実はこの場所は1000年前に隕石が落ちていたのです。

そして隕石落下によって生まれたのが糸守湖でした。映像でも写っていたあの湖は糸守湖だったわけですね。

それで三葉と瀧が入れ替わった理由というのは、彗星落下から糸守町を守るためだったのです。

実際に三葉に入れ替わった瀧は放送室を乗っ取ったり、変電所を爆破させていましたよね。

そして三葉のクラスメイトが放送室で町の人に非難するように指示していました。

しかし三葉たちはいくら頑張っても町の人を説得することはできません。

なぜならこれは高校生たちが勝手に起こした騒ぎなので、役場の指示で動いていたわけではなかったからです。

つまり町の権力だったら糸守の人々を守ることができたのです。

しかし実際には人々を守ることができました。なぜなら三葉の父親が糸守の町長だったからです。

役場の町長ですので、彗星が落ちるという説得力が増したわけです。

映画の前半で父親が演説しているシーンがありましたが、議員だったのですね。

つまりまとめると、三葉の家族は入れ替わりを経験したことがありました。

それは過去に隕石が落下したことがあるからだと考えられます。

そしてそのような辛い過去を知っていた父親は町を守るために町長になったのです。

さらに彗星が落ちることを知っていた瀧は三葉に入れ替わり、彗星が落ちることを父親に説得したことで町の人々は救われたという流れです。

このような経緯があったわけですが、この部分に関しては映画で全くと言っていいほど触れていませんよね。

初見ですと分からないのも無理はありませんね。

しかし一度映画を見た後に、このような経緯を照らし合わせると少しは内容が理解できるかもしれません。

今回の記事はネタバレになってしまいますが、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

湖の場所は諏訪湖だと判明!?

そもそも三葉は田舎町である糸守町に住んでいます

この場所はコンビニが21時で閉まることやカフェが一件もないなど、いかにも田舎っぽい場所であることが映像で伝わってきました。

この糸守町は架空の町ですが、岐阜県の飛騨市にある建物がモデルになっていました。

そのためJR飛騨古川駅や飛騨市図書館など、実在する場所が映画の中で登場していたのです。

確かに映像で写る風景があまりにも綺麗だったので感動していましたが、まさか本当に実在する場所が映画で描写されていたのには驚かされます。

さてそうなると気になるのは湖ですよね。

あの湖は糸守湖ですがとても印象的でしたよね。

出典:https://matome.naver.jp

やはり大きな湖ですのでとても印象に残りやすいですよね。

そんな糸守湖ですが、調べてみたところ飛騨地方には実在しないことが分かりました。

ではどこの湖がモデルになっているのかというと、長野県にある諏訪湖(すわこ)が有力ではないかと言われています。

なぜなら新海誠さんの出身が長野県であることから、地元の湖をモデルにした可能性があるからです。

諏訪湖も画像で確認してみましょう。

出典:https://www.city.suwa.lg.jp

確かに糸守湖とイメージがよく似ていますね。

ただしもちろん諏訪湖は隕石によってできた湖ではなく、隕石というのは架空の設定でした。

それにしても本当に『君の名は。』は映像が綺麗でしたよね。

特に湖の風景はとても印象的でしたので、綺麗な湖を描写した新海誠さんのセンスは素晴らしいです。

しかも綺麗な湖に彗星が落ちるというインパクトのある描き方も斬新ですよね。

しかし管理人的には、話の内容が難しく感じて付いていけなかったという思いもあります。

それでも新海誠さんにはこれからも実在する場所や綺麗な風景を描写してほしいですね。

関連記事:君の名は。が難しいと感じる意外な理由とは!?感想は?

 

スポンサーリンク




PAGE TOP