貴ノ岩の性格や態度がヤバいと噂!?怪我してない事実が判明!?

貴ノ岩関の性格や態度が噂されていますが、どういう人物像なのでしょうか。

また、怪我してないと噂されていますが、その事実についても調べてみました。

 

スポンサーリンク

性格や態度がヤバいと噂!?

貴ノ岩関について検索すると「性格」「態度」というキーワードが出てきます。

このようなキーワードが出てきた理由は、日馬富士関の暴行事件がきっかけですね。

日馬富士関から暴行を受けたのは、貴ノ岩関の性格や態度が悪いからではないかと噂されているようです。

ここで少し貴ノ岩関の性格について見ていきましょう。

貴ノ岩関の性格は稽古熱心な真面目な力士であることが分かりました。

そして普段から喜怒哀楽をあまり出さない性格であるとも言われています。

実は貴ノ岩関は8歳の時に母親を亡くし、来日してからすぐに父親を亡くしてしまったそうです。

そのような辛い生い立ちがあったそうですが、相撲の厳しい稽古は辛い顔をせずに乗り越えてきたそうです。

したがって貴ノ岩関は精神面が相当強いのかもしれませんね。

もしかすると宴席では日馬富士関に失礼なことを言ってしまったのではないかと思い調べてみました。

すると意外な出来事があったようです。

それは貴ノ岩関が「これからは若者の時代ですか」あるいは「お前たちの時代は終わった」と日馬富士関に言ったそうです。

それで今回の宴席には他にも白鵬関や鶴竜関などもいたのですが、みんな冗談を言い合っていたわけです。

白鵬関は「俺はまだまだ、50回まで優勝する」と冗談を言い、鶴竜関は「俺は休んでいるのでもっとダメだ」と冗談を言っていたそうです。

それぞれこのような冗談を言い合って場は和んでいたはずですが、どうやら日馬富士関だけは貴ノ岩関の冗談が通じなかったようです。

そしてタイミングが悪く貴ノ岩関の携帯に着信があり、携帯をいじったことで日馬富士関の怒りが頂点に達してしまったみたいです。

つまりそう考えると貴ノ岩関の性格や態度は全然悪くないですし、冗談が通じなかった日馬富士関の暴行が非常に残念ですね。

しかし本当に発言したかどうかは分かりませんが、貴ノ岩関の「お前たちの時代は終わった」という言葉遣いは先輩横綱に対してはマズかったかなとも思います。

またそのことに対して本気でキレて暴行を加えた日馬富士関はもっと悪いですね。

逆にその言葉遣いに対して、白鵬関や鶴竜関は大らかな気持ちで流したことはさすが横綱ですね。

スポンサーリンク

怪我してない事実が判明!?

貴ノ岩関について検索すると「怪我してない」というキーワードが出てきます。

しかしニュースでは、貴ノ岩関は「全治2週間」という怪我の報道がされています。

怪我の内容について見ても「脳振とう、左前頭部 裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」というかなりヤバい状態であることが報道されていますね。

したがって怪我してないというのはどういうことなのでしょうか。

どうしてそのような噂が広がっているのでしょうか。

調べてみると意外な矛盾点が判明しました。

まず貴ノ岩関が暴行を受けたのが10月25日の深夜でした。

普通ですとこの時点ですぐに病院に行くなどの処置をしているはずですよね。

しかし貴ノ岩関は26日から28日の巡業には普通に参加していたのです。

その時の貴ノ岩関の様子はごく普通で、とても怪我をしているような状態には見えなかったと言われています。

そして貴ノ岩関は秋巡業を終えた後の11月5日から11月9日までの間に入院していたそうです。

つまり極端なことを言ってしまうと、10月26日から11月4日まで怪我に耐えていたということになってしまします。

まずその時点で明らかに経緯がおかし過ぎですよね。

そして診断書を日本相撲協会に提出したのが11月13日だったそうです。

その次の日の11月14日に日馬富士関の暴行事件がニュースで発覚したという流れです。

つまり怪我したと思われる10月25日の深夜以降も巡業に参加していたことから、本当は怪我してないのではないかという噂が流れたわけですね。

管理人もニュースで貴ノ岩関の怪我の状態について見ていますが、確かに経緯について疑問を感じていました。

診断書には結構な症状が記載されていますが、本当に2週間で完治するのかも不思議だと思っていました。

もちろんこの辺りは知識がないので分かりませんが。

でもそれ以前に怪我したのならなぜ巡業に参加できたのか、どうしてすぐに診断書を相撲協会に提出しなかったのか、その辺が非常に謎ですね。

もちろん貴乃花親方は被害届を出しているので貴ノ岩関が怪我してないというのは嘘だと思いますが、あまりにも時間的なラグがあるので疑問に感じてしまいました。

したがって今後の動向も気になります。

スポンサーリンク




PAGE TOP