久保建英の身長が現在止まった噂や伸びる真相!?親の仕事が判明!?

久保建英さんの身長が現在止まった噂や伸びるかどうか調べてみました。

また、親の仕事が話題になっていますので、こちらについても見てみましょう。

 

スポンサーリンク

身長が現在止まった噂や伸びる真相!?

久保建英さんについて検索すると「身長 止まった」というキーワードが出てきます。

しかし久保建英さんは2018年現在で17歳ですからまだまだ身長は伸びるはずですよね。

そもそも久保建英さんの2018年現在の身長は172cm体重は63kgです。

そう考えるとまだ伸びる可能性は十分あるかと思います。

というのも2016年時点での身長は163cmだったそうですが、2017年の段階では7cmも伸びて170cmになっていました。

実は久保建英さん自身も身長が低いことは気にしていたようで、身長を伸ばすことに努めてきたのです。

そのため母親が食生活に気を遣ってくれたようですが、1年で身長が7cmも伸びたのは凄いことですよね。

ちなみに男子高校生の1年の身長の伸びは平均5.6cmだと言われていますので、久保建英さんは相当努力されたのでしょうね。

そして2018年の身長は172cmですので2017年からは身長はあまり伸びていないみたいです。

ということはこれからは身長はあまり伸びにくいということなのかもしれませんね。

そして久保建英さんも身長を気にされていたみたいですから、周りの人たちも身長が止まったのではないかと思われたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

親の仕事が判明!?

久保建英さんの父親は久保健史さんですが、お仕事は『ミサワホーム』に勤めるサラリーマンだと判明しました。

ちなみに母親は専業主婦をされているとのことです。

久保建英さんの親の仕事が話題になっていましたが、意外にもごく普通のサラリーマンでしたね。

しかし親の仕事が注目されるのは久保建英さんがあまりにも凄すぎる選手だからでしょうね。

そのため親の仕事が気になった方も多かったのでしょうが、しかし仕事よりも親の教育方針が凄かったのです。

実は父親は学生時代にサッカーをされていましたが、次のようにコメントされています。

子育てはサッカーだったら毎日関わってあげられる。

このように父親はサッカーを蹴りながらコミュニケーションを取っていたのです。

もちろん外で体を動かしますので自然と足腰が鍛えられる上に、親子のコミュニケーションが取れるわけですから考えてみると凄いですよね。

何でも、父親はサラリーマンとして仕事で忙しいので、父親としてできることを考えていたようです。

それが朝早く起きて久保建英さんと毎日サッカーボールを蹴ることで、1年間で350日はボールを蹴っていたとか。

それが父親として久保建英さんと唯一向き合える時間だったのです。

さらに驚きなのは父親はサッカーの指導経験はこれまで全くなかったそうで、久保建英さんとは遊び感覚で取り組んでいたのです。

それでも久保建英さんはすっかり凄い選手に成長されましたので、父親の教育がいかに効果的だったことが分かりますね。

そういうこともあってか父親は著書『おれ バルサに入る!』を出版されています。

この本によりますと、父親だけではなく母親も久保建英さんの教育に関わっていることが書かれているみたいですね。

このように父親の教育があまりにも凄いので、もしかするとお仕事はサッカーの関係者ではないのかとも噂されたのかもしれませんね。

ごく普通のサラリーマンがあそこまで子育てをするのは本当に凄いことです。

スポンサーリンク




PAGE TOP