日馬富士事件の真相と原因がヤバい!?逮捕と引退勧告や引退後を検証!?

日馬富士関の暴行事件の真相や原因が話題になっていますが、その内容がヤバかったですね。

また、逮捕の可能性と引退勧告や引退後の進路についても検証してみました。

 

スポンサーリンク

日馬富士事件の真相と原因がヤバい!?

日馬富士関が貴ノ岩関に暴行した問題ですが、その真相や原因について調査したところヤバい事実が判明しました。

まずそもそも事の発端は10月下旬の秋巡業ですが、鳥取でモンゴル人力士を集めた宴席が行われていました。

その宴席には10人ほどのモンゴル人力士が参加していたそうで、横綱の白鵬関や鶴竜関、さらに照ノ富士関などが参加していたのです。

どうやらその宴席は1次会と2次会があったそうですが、悲劇が起きたのは2次会だったと言われています。

2次会での日馬富士関はかなり酔っていたそうですが、貴ノ岩関の兄弟子に対する挨拶がないことに不満を漏らしていたのです。

そしてたまたま貴ノ岩関の携帯に着信があったため操作したところ、その貴ノ岩関の態度に腹を立てた日馬富士関は近くにあったビール瓶で頭を殴打してしまったのです。

それで貴ノ岩関は血を流して倒れてしまったわけですが、それでも日馬富士関は貴ノ岩関に対してさらに素手で20~30発ほど殴っていたのです。

貴ノ岩関は両手で防いでいたそうですが、日馬富士関は暴行を止めなかったそうです。

さらに騒動の中で照ノ富士関も4発ほど殴られてしまったようです。

その様子を見た白鵬関は止めに入りましたが、日馬富士関は白鵬関を突き飛ばしたと言われています。

しかも鶴竜関には「お前がしっかり指導しないからだ」と八つ当たりしていたとも。

貴ノ岩関だけではなく、白鵬関や鶴竜関、そして弟弟子の照ノ富士関にまで当たってしまうわけですから相当酔っていたのでしょうね。

しかし普段の日馬富士関は本当に温厚な性格だと言われています。

あまりにも事実内容が酷過ぎますが、どうやら日馬富士関は以前から酒癖の悪さが噂されていたそうです。

かつてはビールを飲みながら取材に対応したこともあったそうで、横綱としての品格が問われたこともあったそうです。

また噂によると、元横綱朝青龍関からは日馬富士関の酒癖の悪さを指摘され、本人には気を付けるように注意したこともあったとか。

あの朝青龍関でさえ日馬富士関の酒癖の悪さを指摘していたそうですから、やはり相当の酒癖の悪さなのかもしれませんね。

それにしても貴ノ岩関とのトラブルが気になっていましたが、まさかそんな下らない理由で暴行していたなんで本当に酷い話ですね。

そういえばかつては朝青龍関の暴行事件がありましたが、あの方がまだ少し可愛げがあるようにさえ思えました。

それだけ今回の日馬富士関の暴行事件は悪質なものだと感じました。

スポンサーリンク

逮捕と引退勧告や引退後を検証!?

さて今回の日馬富士関の暴行事件において逮捕されるかどうか、その可能性についても検証してみました。

まず被害を受けた貴ノ岩関の親方である貴乃花親方は鳥取県警に被害届を提出しました。

そして貴乃花親方は被害届を取り下げるつもりはないとコメントしています。

当然そうなると鳥取県警はこれから調査することになりますが、日馬富士関の逮捕の可能性は低いと思われます。

というのも日馬富士関はすでに暴行したことを認めていますから、事情聴取では逃げも隠れもしないでしょう。

そういうことからきちんと警察の事情聴取に応じれば逮捕の可能性は低いのではないでしょうか。

しかし一番重要なポイントは示談が成立するかどうかでしょうね。

示談が成立すれば裁判所に起訴されることは考えにくいと思われますが、何せ貴乃花親方も相当怒っていることでしょうね。

貴乃花親方も被害届を取り下げないと言っているわけですから、示談での解決は難しいのではないでしょうか。

ちなみに朝青龍関の暴行事件の時は相手と示談が成立して、1500万円の示談金を払って事件は解決していました。

これが一般人同士の暴行事件ですとすぐに逮捕され、裁判所で争うのが普通ですよね。

でも相撲というのは特殊な世界なので、我々一般人が予想していることとは違うのでしょうね。

また、日馬富士関が今回の暴行事件が理由で引退するかどうか、そして引退後についても検証してみました。

そもそも横綱が引退する場合、横綱審議委員会から引退勧告が出されるそうです。

そして横綱の引退勧告の条件としては次のようなものが挙げられます。

「10勝以上挙げられない横綱に、綱を締める資格はない」(鶴田卓彦・横綱審議委員会委員長)

「13勝以上」「大関戦全勝」「品格厳守」(鶴田卓彦・横綱審議委員会委員長)

横綱とは力士番付における最高位ではありますが、ただ勝ち星が多ければよい、他の力士に比べて力や技に勝り、誰よりも強ければそれでよいという存在では決してありません。(貴乃花・元横綱)

これらのような条件が挙がっていますが、横綱として強いのは当たり前のことです。

しかし強いだけではなく、そこに横綱としての品位が求められているわけですね。

よく横綱の品格とか言われていますが、日馬富士関の今回の事件は品格以前に人として問題を起こしてしまいました。

日馬富士関がこれから横審から引退勧告を受ける可能性は高いかもしれませんが、もしそうなると自首引退しなければ功労金も出ないそうです。

ちなみに朝青龍関は引退勧告を受けた時は自首引退して功労金を貰っていたそうです。

しかし日馬富士関がもし仮に引退勧告を出されなかったとしても、引退後は日本相撲協会には残れないと言われています。

それは日馬富士関が日本国籍を取得していないためだと言われているからです。

引退後に親方になるためには日本国籍を有することが条件です。

そういうこともあって白鵬関はすでに日本国籍を取得していると言われています。

ところが日馬富士関はまだ日本国籍を取得していないようですから、このままでは引退しても角界には残れないというわけです。

しかし日馬富士関は引退後の進路はすでに考えているかもしれません

実は日馬富士関は弁護士や警察の資格を持っていたり、法政大学大学院政策創造研究科の経歴を持っているそうです。

そのため引退後はそのような資格や経歴を生かした職に就くのではないでしょうかね。

また、日馬富士関は絵画がとても上手いとも言われていますから、その技術を生かした職に就く可能性もあるかもしれません。

どちらにしても今回の暴行事件についてはしっかりと罪を償ってもらいたいです。

スポンサーリンク




PAGE TOP