松井秀喜の子供が2人目や障害の噂が浮上!?現在の仕事と年収がヤバい!?

松井秀喜さんの子供が2人目や障害の噂が浮上していますので調べてみました。

また、現在の仕事と年収が話題になっていますので、こちらについても見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

子供が2人目や障害の噂が浮上!?

松井秀喜さんには2人の子供がいて、2013年3月に長男、2017年1月に次男が誕生しています

そんな2人の子供がいるわけですが、しかし名前や写真などについては非公開のようです。

というのも松井秀喜さんの嫁は中山愛さんですが、嫁も元々マスコミの前に出るような方ではなくプライベートな情報は少ないのです。

したがって子供のことになるとなおさらプライバシーを徹底して守っていることなのでしょうね。

ただファンは子供の誕生を待ち望んでいたようで、“ミニゴジラ”という愛称で子供たちを親しんでいるとか。

確かに松井秀喜さんの子供ともなれば将来は野球をするのかとても気になるところですよね。

実際に松井秀喜さんは長男が野球をすることについて次のように答えていました。

「彼にはプレーしてもらいたい気持ちはあります。ただ、段階が上がり続ければ、そこには困難や挑戦があります。結局は彼のとる決断次第です。どこまで行きたいか、どれだけ続けたいか」

このようにコメントしましたが、努力を怠らない松井秀喜さんらしいコメントですね。

やはり子供にも野球をさせたい気持ちはあるようですから、ゴジラ2世が誕生するかとても楽しみです。

また、子供が障害だと噂されていますが、全く持って根拠のない噂でした。

やはりこれだけ有名人な方ですから、変な噂も出るのは仕方ないでしょうね。

スポンサーリンク

現在の仕事と年収がヤバい!?

松井秀喜さんは2012年を持って野球の現役を引退されましたが、現在の仕事や年収が話題になっています。

松井秀喜さんの2018年現在の仕事は、2015年から「ヤンキースGM特別アドバイザー」という職務を継続されています。

仕事内容を簡単に紹介すると、マイナー選手を直接指導しているそうです。

さらにGMは球団の決定権を持っている人のことを指すようで、ドラフトで選手を獲得したり、育成システムを導入する決定権があるようです。

松井秀喜さんはそんな凄い立場にいるのですね。

そんな松井秀喜さんが指導の中で大切にしていることは次の通りです。

・礼儀

・野球への取り組み方

・チームメイトへの接し方

松井秀喜さんはこれらのことを大切にし、逆に「ミスしても怒らない」ようです。

こうやって見てみると、野球の指導法もプロ意識が高いですね。

また、現在の年収は1億円以上ではないかと推測されています。

まず「ヤンキースGM特別アドバイザー」の年間報酬が5000万円ぐらいだと言われています。

そして日本球界の年金とメジャー球界の年金があり、これらだけで2000万円ぐらいあると言われています。

他にもいろいろあるかもしれませんが、そういうのを合わせると1億円以上は貰っているかもしれませんね。

現役を引退して現在も凄い仕事をしていることや、年収が億単位というもさすが凄いですね。

スポンサーリンク




PAGE TOP