堀ちえみが病気で難病リウマチの症状が判明!?子供の学校はどこ!?

堀ちえみさんが病気で難病のリウマチを患っているようですが、その症状について調べてみました。

また、子供の学校が話題になっていますので、こちらについても見てみましょう。

 

スポンサーリンク

病気で難病リウマチの症状が判明!?

堀ちえみさんの病気が難病のリウマチだと言われていますが、まずこちらについては事実です。

堀ちえみさんが自身のブログでリウマチを患っていることを発表し、2016年3月からリウマチの症状が出始めたそうです。

そんなリウマチの症状としては「だるさと眠気が取れない、身体が痛い、右手の腫れ」このような症状があるとブログで発表されていました。

それでリウマチは関節リウマチとも言われており、免疫の異常によって手や足関節が腫れたり痛んだりするようです。

そして放っておくと骨や軟骨が破壊される恐ろしい病です。

ちなみにリウマチの症状が出るのは過労や喫煙、出産などが原因となっています。

堀ちえみさんの場合は出産によってリウマチの症状が出てしまったようです。

さらにリウマチにはステージがあり、関節の破壊の程度によってステージは4段階に分かれています。

ステージⅠ(初期)はX線検査で骨・軟骨の破壊がない状態、
ステージⅡ(中等期)は軟骨が薄くなり、関節の隙間が狭くなっているが骨の破壊はない状態、
ステージⅢ(高度進行期)は骨・軟骨に破壊が生じた状態、
ステージⅣ(末期)は関節が破壊され、動かなくなってしまった状態です。

このようにリウマチにはステージがあるわけですね。

ただし堀ちえみさんがどの段階のステージだったのかは分かりませんでした。

それでも堀ちえみさんは「早い段階で治療を受けました」とブログで報告されていますので、ステージⅠかステージⅡではないかと推測されています。

そんな堀ちえみさんの治療法は一週間に一度だけリウマチの治療薬を飲むことでした。

しかし薬を飲んだ後は気持ち悪くなってしまうという副作用があったそうです。

それでもそのかいあってか今ではすっかり痛みが緩和されたと言われています。

スポンサーリンク

子供の学校はどこ!?

そもそも堀ちえみさんには子供が7人いますが、2回の結婚で授かった子供たちと連れ子でした。

1人目の旦那は外科医の方ですが、長男の昂平(こうへい)さん次男の健汰(けんた)さん三男の叡弘(あきひろ)さんが誕生しました。

2人目の旦那は加藤茂樹さんですが、四男の楓季(ふうき)さん長女の彩月(さつき)さんが誕生しました。

つまり堀ちえみさんの子供たちをまとめると

長男の昂平(こうへい)さん
次男の健汰(けんた)さん
三男の叡弘(あきひろ)さん
四男の楓季(ふうき)さん
長女の彩月(さつき)さん

となります。

また、堀ちえみさんは3人目の旦那である営業マンの方とご結婚されましたが、旦那の連れ子である真由さんと尋紀さんがいます。

したがって堀ちえみさんから見れば実子は5人連れ子は2人ということで子供は7人ですね。

そんな子供たちの学校がどこなのか話題になっています。

まず長男は大阪の清風高校を卒業すると近畿大学文芸学部に進学されました。

しかし大学を中退して現在はサラリーマンとしてお仕事をされているようです。

次に次男は奈良の西大和学園高校を卒業すると京都大学理学部生物科に進学されました。

ちなみに西大和学園高校の偏差値は76で、京都大学理学部生物科の偏差値は72です。

したがって次男の健汰さんはとても頭が良い方なのでしょうね。

次に三男は立命館大学を卒業されたようです。

次に四男は高校の普通科に通っていたようですが、やりたいことを見つけたことから週1で専門学校に通っているようです。

次に長女は帝塚山学院小学校に通っていたようです。

また、旦那さんの連れ子である真由さんは大学生ですが、どこの大学までかは分かりませんでした。

そして尋紀さんについては学校の情報がありませんでした。

少しまとめると、1人目の旦那が外科医だったことから長男、次男、三男は大学を出るぐらい頭が良いのでしょうね。

また、堀ちえみさんには次のような教育方針があります。

子供に「勉強しなさい」とはいわない

習い事はやりたいといったものだけやらせる、ただし言ったからには絶対続けさせる

親からの強制ではなく子供の自主性に委ねる教育方針ですね。

しかし堀ちえみさんは次のようなこともコメントしています。

(自分で決めさせるとはいっても)結局はどこかで親が導いているがそれを見せないようにする

親として陰でサポートしている点は、堀ちえみさんの教育熱心な面が伝わってきます。

それにしてもこれだけ子宝に恵まれた堀ちえみさんは本当に幸せですね。

スポンサーリンク




PAGE TOP