鈴木美穂が乳がんを切除しステージが判明!?下手すぎ不愉快な意見が殺到!?

鈴木美穂さんが乳がんを切除したと噂されていますが、ステージなどについて少し調べてみました。

また、下手すぎ不愉快だと言われていますが、一体どういうことなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

乳がんを切除しステージが判明!?

鈴木美穂さんが乳がんを患ったのは入社3年目の24歳の時でした。

ニュースキャスターの仕事が慣れてこれからという時に病気を患ってしまいました。

そんな鈴木美穂さんですが、最初に胸に違和感を感じたのは会社のシャワーを浴びていた時だったそうです。

そして病院で診断を続けてみると乳がんを宣告されたのです

どうやらこの頃のがんの進行度はステージ3だったそうですから、かなり病状が進行していたようです。

そして抗がん剤治療を受けたわけですが、副作用で髪の毛も抜けたりもしました。

しかし手術によって右乳房全摘出をしていたのです。

闘病生活8か月という期間で乳がんの病を完全に克服することができました。

そしてアナウンサーとしての仕事に復帰したのはもちろんですが、それだけではなく乳がんで闘病中の人たちのためにコミュニティを作っているそうです。

現在そのコミュニティは同じ乳がんで悩みを持つ350人ほどの仲間が集まっているそうで、組織としてどんどん拡大しているようです。

また、自身が若くしてがんを患ったこともあって、若年性癌患者向けのフリーペーパー「STAND UP!!」を刊行しています。

さらに鈴木美穂さんはCueという団体でも活動し、ヨガ、ウォーキングなどをがん患者に指導しているそうです。

スポンサーリンク

下手すぎ不愉快な意見が殺到!?

鈴木美穂さんについて検索すると「下手すぎ不愉快」というキーワードが出てきますが、一体どういうことなのでしょうか。

実は鈴木美穂さんは2017年1月からテレビ番組『情報ライブ ミヤネ屋』のキャスターを務めていますが、どうやらキャスターとしての能力不足で下手だと言われているようです。

実際にTwitterでの意見でも下手だというツイートも多かったみたいです。

特に原稿を読んでいる時はよく突っかかって噛むことも多いんだとか。

それも毎日同じことを繰り返しているそうですから、視聴者の意見が厳しいのも分かります。

しかも極めつけは「騙し取った」を「脅し取った」と読み間違いまでしてしまったという噂もあるんだとか。

もしそれが本当ですとテレビの視聴者が不愉快に感じるのは間違いないかもしれませんね。

ちなみに前任者のキャスターは岸倫子さんでしたが、この方はとても上手いと言われていたようです。

そう考えると鈴木美穂さんに対する意見が厳しいのは当然の流れでしょうね。

それでもあまりにも叩かれているので少し可哀想になってきました。

どうか噛まないように頑張ってほしいです。

スポンサーリンク




PAGE TOP