張本智和のポーズの名前はハリバウアー!?チョレイの意味がヤバい!?

2017年8月27日

張本智和さんのポーズの名前は「ハリバウアー」だと言われていますが、一体どういうポーズなのでしょうか。

また、「チョレイ」が話題になっていますが、どういう意味があるのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

ポーズの名前はハリバウアー!?

張本智和さんの活躍ぶりに注目が集まっていますが、注目されているのは強さだけではなくガッツポーズも話題になっているようです。

どうやら雄叫びを上げてガッツポーズをしているようです。

そんなポーズの名前は「ハリバウアー」と言われているそうで、勝つ度に体を後ろに反らしていることから、そのような名前が付いたそうです。

ちなみにどれぐらい体を後ろに反らしているかというと…

出典:http://waynews.info

これはよほど体が柔らかくないとできないですよね。

かつての荒川静香さんが「イナバウアー」をして話題になりましたが、荒川静香さんも体を後ろに反らしていましたよね。

他にも大相撲の琴奨菊関が仕切りで制限時間いっぱいになると体を後ろに反らしていることから「琴バウアー」なんて言われたりしています。

したがって張本智和さんの場合は「ハリバウアー」と言われたわけですね。

実は「ハリバウアー」というのは、倉嶋監督から名付けられたそうです。

というのも張本智和さんがU‐21で優勝したことがあるのですが、その時に喜びのあまり体を後ろに反らしていたそうです。

そしてその姿を見た倉嶋監督が、荒川静香さんのイナバウアーに似ていたと語っており、そこからハリバウアーと名付けたわけです。

やはり荒川静香さんの「イナバウアー」が由来だったようです。

「ハリバウアー」は今年の流行語大賞に選ばれそうな気もしますね。

スポンサーリンク

チョレイの意味がヤバい!?

張本智和さんは雄叫びを上げていると先ほど紹介しましたが、「チョレイ!」と叫んでいるようです。

卓球で雄叫びを挙げる選手いえば福原愛さんの「サー!」が有名ですが、「チョレイ」は一体どういう意味があるのでしょうか。

チョレイと言っているぐらいですから中国語っぽいような気もしますよね。

しかし調べてみると実は特に言葉の意味はないそうで、張本智和さんも自然にそのような雄叫びを上げているんだとか。

つまり周りが「チョレイ」と聞こえるだけでした。

したがって友達から「あの雄叫びはどういう意味?」と聞かれることがあるそうですが、張本智和さんも答えようがないようです。

ちなみにこのような雄叫びをするようになったのは幼稚園の頃からだそうです。

一言で言うと「チョレイ」は、張本智和さんのオリジナルの気合の入れ方ですね。

つまり試合がある度にずっとこの雄叫びをしてきたのでしょうね。

そういうこともあってか張本智和さんについては雄叫びがうるさいと視聴者から非難も出ているんだとか。

特に点数を取る度に雄叫びを上げているそうですから、「チョレイ」を何度も聞くことになります。

しかし実は卓球界では雄叫びを上げることはそんなに珍しいことではなく、試合で気合を入れるためにごく普通に行われているようです。

したがって「うるさい!」という批判に対しては「卓球を知らないんじゃないの?」といったような反論もあるほどです。

このように卓球界では雄叫びはごく普通のことのようです。

スポンサーリンク




PAGE TOP