張本智和の両親の名前や帰化した理由がヤバい!?中学がどこか判明!?

2017年8月27日

張本智和さんの両親が話題になっているようですが、名前や帰化した理由について調べてみました。

また、出身中学が噂されているようですが、一体どこ出身なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

両親の名前や帰化した理由がヤバい!?

張本智和さんといえば、名前や試合での掛け声「チョーレイ!」から中国人ではないかと噂されています。

実は張本智和さんは生まれも育ちも日本ですが、どうやら2014年までは中国国籍でした。

しかも両親も中国人だと噂になっているようですが、どうやら事実のようです。

父親の名前は張本宇さんで、母親の名前は張凌さんです。

実は両親も有名な卓球選手で、父親は日本代表のコーチを務めたり、母親は世界卓球選手権の元代表選手でした。

現在は両親で「張本卓球場」を運営し、福原愛さんを指導する実績もあるほどです。

そんな凄い実績を持つ両親ですが、親が日本に帰化した理由はオリンピックが関係しているようです。

どうやら張本智和さんは2020年の東京オリンピックで金メダルを取ることが目標になっているようです。

つまり日本の選手としてメダルの獲得を考えているようで、そのために日本に帰化したというわけです。

しかしどうやら日本に帰化したのは父親と妹の張本美和さんと本人の3人で、母親は中国国籍のままのようです。

実際に東京オリンピックの開催が決まったのは2013年9月で、張本智和さんが日本に帰化したのは2014年だったそうです。

時間的に考えても、オリンピックに向けて帰化したと考えて間違いないでしょう。

とは言っても張本智和さんは日本生まれですから、父親が息子に合わせて日本に帰化と考えて良さそうです。

オリンピックのために日本に帰化するぐらいですから、卓球に対する真剣度が伝わってきますね。

スポンサーリンク

中学がどこか判明!?

張本智和さんの出身中学は東京都北区立稲付中学校だと判明しました。

ちなみに出身小学校は仙台市立東宮城野小学校でしたが、中学校は地元ではなく東京の中学校に通うことになりました。

その理由は「JOCエリートアカデミー」に所属するためです。

JOCエリートアカデミーというのは、全国から優れた素質を持つジュニア選手を集め、将来はオリンピックなどに出場する選手を育成する競技団体です。

つまり張本智和さんほどのレベルでは中学の卓球部では実力的に物足りないのは言うまでもありませんね。

したがって実力者が集まる団体で練習しているということになります。

そしてJOCエリートアカデミーは、張本智和さんが通う東京都北区立稲付中学校に隣接しているそうですから、距離的には何も問題なく練習に集中することができるようです。

ちなみに張本智和さんは2歳から卓球を始めたそうで、小学生の時にはU‐21で優勝してしまうなどほとんど負けなかったそうです。

やはり中学の部活レベルでは相手にならないというのが事実ですから、強い相手を求めていくのは当然の流れですね。

まだまだ中学生ですから、これからどんどん実力をつけていくこと間違いないでしょう。

スポンサーリンク




PAGE TOP