藤井聡太の苦手な科目が意外だった!?中学の偏差値や場所がどこか判明!?

2017年8月27日

藤井聡太さんの苦手な科目が話題になっていますが、一体何なのでしょうか。

また、出身中学の偏差値や場所がどこなのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

苦手な科目が意外だった!?

藤井聡太さんといえば14歳という若さですが、これからの将棋界にとってとても有望視されているプロ棋士ですよね。

特にプロになってからまだ一度も負けておらず、現在16連勝という快進撃が続いています。

もはや将棋界に敵なしといった状況ですが、そんな藤井聡太さんの苦手なことは何なのでしょうか。

藤井聡太さんの苦手なことを探すために、苦手な科目について話題になっているようです。

そんな藤井聡太さんが苦手としている科目は美術と音楽でした。

この2つは芸能科目とも言われていますが、藤井聡太さんがその科目が苦手というのは意外ですよね。

しかしこの2つの科目が苦手な理由としては、問題の答えがはっきりしないからです。

確かに美術といえば絵を描いたりしますので、これが正解というのはありませんよね。

また、音楽についてもピアノを弾いたり歌を歌ったりするなど、「この問題の答えはこうだ」というイメージはないですよね。

では逆に藤井聡太さんが得意な科目は何かというと、ズバリ数学です。

数学と聞いた時点でアレルギー反応が出る管理人ですが、数学が得意な理由は答えがはっきりしているからです。

というのも藤井聡太さんは幼稚園の頃から四則演算を解いていたほどです。

確かに人数を求めなさいだとか、距離はどれぐらいでしょう、といった問題が多いですから答えを求める必要があります。

藤井聡太さんは数学が得意科目ですので凄いですよね。

あと藤井聡太さんがもう1つ得意としている科目は体育です。

体育は短距離が好きだそうですが、球技は苦手だそうです。

スポンサーリンク

中学の偏差値や場所がどこか判明!?

藤井聡太さんは現在中学生ですが、通っている中学校は名古屋大学教育学部附属中学校です。

そして偏差値が65とかなり高めの進学校です。

この学校は国立大学としては唯一の併設型中高一貫校で、つまり国立大学としては唯一のエスカレーター式の学校となっているわけです。

とは言っても中学に入るためには受験で合格しなければいけないようです。

逆に中学に入ってしまえばあとはエスカレーター式に進学できるということでしょう。

また、高校ですと偏差値は62と言われていますが、藤井聡太さんはそのまま進学することになるのでしょうね。

ちなみに学校の特徴としては中学が2クラスで高校が1クラスだと言われていることからかなり小規模です。

しかし小規模ですが個別指導が充実しているという点が特徴のようです。

中学校から頭の良い学校に通学されているということで凄いですよね。

しかし本当に凄いのは学校のシステムや偏差値だけではなく、勉強に対する藤井聡太さんの考え方です。

藤井聡太さんは次のようにコメントしたことがあります。

「どうして5分で分かることを45分もかけて教えるんだろう。授業がつまらない」

授業がつまらない…

普通は勉強嫌いでこのような発言が出るのは分かります。

しかし藤井聡太さんの場合は授業内容が物足りないと言っているのです。

それに5分で授業内容を理解できるってお話しされているわけですから間違いなく天才ですね。

スポンサーリンク




PAGE TOP