稀勢の里の結婚が破談や嫁の噂が浮上!?父親の職業が判明!?

2017年8月27日

稀勢の里関の結婚や嫁の噂が出たり、しまいには結婚が破談したということも噂されていますので本当かどうか調べてみました。

また、父親の職業について話題になっていますので、どういう方のでしょうか。

 

スポンサーリンク

結婚や嫁の噂は本当!?

稀勢の里関は昔から日本人力士としてファンから横綱昇進を期待されていましたよね。

そして2017年1月25日についに第72代横綱に昇進されました。

19年ぶりの日本人横綱誕生ですから、多くの相撲ファンにとっては久しぶりに感動したことは間違いありませんね。

そんな稀勢の里関ですが、どうやら結婚や嫁の噂が浮上しているようです。

しかし結論を言ってしまうと、嫁や結婚という情報は全くありませんでした。

それでも稀勢の里関は過去に何度か結婚を迫られたことがあるんだとか。

しかし稀勢の里関には結婚相手に求める条件があったようです。

それは「相撲部屋の女将さん」ということを挙げています。

いかにも稀勢の里関らしい条件ですよね。

ということは結婚を申し込んだ女性は、結婚条件に当てはまらなかったのかもしれませんね。

実は稀勢の里関はすでに年寄株を取得されており、引退後は親方になる資格を持っています

つまり親方として部屋を運営していくためには女将さんのサポートが必要ですよね。

真面目な結婚条件を挙げている稀勢の里関の姿勢はもはや横綱の品格を感じます。

結婚が破談したという噂も浮上!?

一方、結婚が破談したという噂も浮上しているようですが、こちらに関しては全くのデマだと判明しました。

どうやら結婚が破談したという噂の発端は、琴奨菊関と勘違いしているためだと考えられます。

実は琴奨菊関は過去に婚約破棄になったこともあります。

そういうことから稀勢の里関と混同してしまったかもしれませんね。

そういえば琴奨菊関といえば残念ながら大関から陥落してしまいましたよね。

そのため弱くなったのは嫁のせいだということで、嫁はさげまんなのではないかという噂も浮上しているほどです。

嫁はともかく、昨年の琴奨菊関が優勝した時は、テレビ出演が多くなったり少し浮かれている印象はありました。

それを考えると、稀勢の里関は真面目なので同じようなことはしないと信じています。

ということで嫁や結婚についての情報はまだありませんが、恐らく引退してからではないかと思います。

稀勢の里関のことですから、これからは横綱として相撲に集中するような気がします。

スポンサーリンク

父親の職業が判明!?

稀勢の里関の父親の名前は萩原貞彦さんという方です。

そんな父親ですが、職業は事業をされているそうです。

事業内容までは分かりませんでしたが、実はかなり苦労されていたみたいです。

というのも稀勢の里関が相撲界へ入門した時は、父親は商売が上手く行っていなかったそうです。

そのため給料の出ない番付にいた当時の稀勢の里関でさえ、実家に場所手当などの資金を仕送りしていたほどだったそうです。

また、稀勢の里関が大関になったころには両親に家をプレゼントしていました。

相撲に真面目なだけではなく、優しい稀勢の里関に感動しました。

父親はボクシング経験者!?

また、父親はアマチュアのボクサーとして活躍されていました。

家にはサンドバッグもあったそうで、稀勢の里関にもパンチの指導をしたことがありました。

特に父親は次のようなコメントしていました。

「パンチは腰で打つが、相撲の突き押しも一緒。腰、ひざ、足。下半身の粘りが大事。あの(稀勢の里の)モーションなしでの突き押しは、自然と身についている」

どうやら父親のパンチの指導は、今の相撲でも生かすことができているようです。

父親は稀勢の里関の基礎的な部分を鍛え上げていたのですから、本当に凄いです。

これからは横綱として相撲を取りますが、今以上に苦しいこともたくさんあるかと思います。

しかし常に「努力」という言葉を口にしている稀勢の里関ですから、これからも精進してくれることでしょう。

今後の稀勢の里関の横綱相撲に注目です。

スポンサーリンク




PAGE TOP