久保建英の中学や高校が判明!?兄弟などの家族構成もチェック!?

2017年8月18日

%e4%b9%85%e4%bf%9d%e5%bb%ba%e8%8b%b1

久保建英さんの中学や高校について、どこ出身なのか調べてみました。

また、兄弟などの家族構成も話題になっているようですのでリサーチしてみました。

 

スポンサーリンク

中学や高校が判明!?

久保建英さんの出身中学校は正確には公開されていないようです。

しかし川崎市出身ということで、中学時代は川崎フロンターレU-10に所属されていたそうです。

また、その前にはFCパーシモンにも所属されていたこともあり、このチームも川崎市にあると言われています。

そのようなサッカーができる環境のために川崎市の中学校に通っていた可能性はあるかもしれませんね。

さらにFC2東京むさしに所属していますが、このチームは主に西東京の中学生を募集しているという噂があります。

そのため通学時間が90分以内で練習に来れることが条件だそうです。

このようなチームに所属されているため、出身中学は東京に近い川崎市の中学校ではないかと言われているわけです。

その一方で出身高校についても話題になっているようです。

しかし出身高校についても正確な場所までは特定できませんでした。

久保建英さんはここ最近の活躍ぶりを見るとJリーガーに昇格されました。

そのためこれからはハードな練習が予想されますので、普通の人のように気軽に高校には通えないのではないかという噂が出ているようです。

したがってもし高校に通う場合は定時制高校になる可能性もあるようです。

あるいは通信制の高校に通うのではないかという指摘も出ているようです。

では通信制の高校として候補が挙がっているのはどこなのでしょうか。

どうやら東海大学付属望星高校第一学院高校(ウィザス高校)の2校が噂として浮上しているようです。

もちろんこれらはあくまでも候補であって実際に通っているかどうかは定かではありません。

スポンサーリンク

兄弟などの家族構成もチェック!?

久保建英さんの家族構成は父、母、弟の4人です。

まず父は久保建史さんです。

父は高校と大学時代はサッカーをされていたそうです。

そのため大学は筑波大学の体育専門学群を専攻されていたそうです。

この体育専門学群では、スポーツや健康に関する知識を生かして指導者を育成することを行っているようです。

そんな父親ですが、久保建英さんが2歳になると父親はサッカーを教えるようになりました。

何でも、1年の内350日はボールを蹴っていたぐらいだったそうです。

ただ練習量も凄いですが、久保建英さんの呑み込みも早かったと言います。

それはきっと父の指導法が良かったのかもしれませんね。

このようにして久保建英さんにサッカーの基本が身についたというわけですね。

次に母は名前は分かりませんでしたが、久保建英さんの成長をサポートする重要な役割を果たしていました。

それは外で遊べるような環境作りをしていたことです。そのため久保建英さんが幼かった頃の家にはおもちゃが1つも無かったと言われています。

母親は、家におもちゃがあると外で遊ばないことを考えていたようですで、意図的におもちゃを置いていなかったというわけですね。

その代わり1日中外でのびのびと遊ぶことができるように、毎日3食分の弁当を作っていたわけです。

現在の久保建英さんがあれほどすごい選手になったのは両親のサポートがあったからからなんですね。

次に6つ下の弟がいて、名前は瑛史さんというようです。

弟が噂されるようになったのは、久保建英さんがFCバルセロナに所属した時のことです。

どうやらこの時は母親と弟も一緒にスペインに住んでいたことがあるようです。

そして現在の弟は兄と同じくサッカーをされていることが分かり、マリノスプライマリーに所属していることが判明しました。

兄弟揃ってこれから活躍することは間違いないでしょう。

スポンサーリンク




PAGE TOP